僕のハーレムは、二軍らしい

作者 読み方は自由