アジサイ

作者 真花

31

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

誰もがスルーする信号で、自分だけが律儀にそれを待っている。
殆どの皆様、特にカクヨムにいらっしゃる良識ある皆様にとっては、良くある日常の光景かと思います。
しかし、そんな日常の一場面を、この小説は純文学として見事に昇華させております。
詳しい事はネタバレになるので書きませんが、細かな情景描写が特に素晴らしく、前半は心情メイン、後半にかけてどんどん詩的に変わっていくところが、自然な流れで表現されております。
着眼点もさる事ながら、これをこの分量の小説で描き切る構成力が素晴らしいと思いました。