第35回:「〇〇がなくても成立する」別事例

「〇〇がなくても」シリーズ、延長戦です。補講ネタ+メタ発言を含みます。


・○○がなくても成立する別ケース

 皆さんは覚えていますか。第1回で「推理物やミステリーは殺人事件がメインで扱われているケースが多いのですが、別に大きな事件でなくても謎解きは出来る」と。殺人事件のようなネタが書けないのでミステリーは無理ゲーである……と決めつける前に題材を変えて見ましょう。密室脱出、宝探しような物も推理物と合わせる事も可能なのですよ。


 アクションものでも自分にはアクションシーンが書けない……と投げ出す前にあがいてみましょう。プロレスや格闘技、スポーツ観戦やサポーターサイドを題材にしたり、格ゲーのプレイ物や実況者を題材にしたり、もしくは『逃走中』のような番組に参加するまでのドキュメント風もありですよね。それってジャンル詐欺では……と言われそうですが、複合ジャンル作品はどの分野でも生み出されている現状があります。


 王道に対しての非王道、WEB小説の投稿サイトではタグで見かける事もありますよね。色々と一工夫して読者の視線が集まるような作品を作るのも、一つの選択肢と考えましょう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます