第36回:SNSでの宣伝はプラスだけとは限らない

以前に壱式で言及したSNS宣伝ネタ。メタ発言+個人差あり+あっさり系で終わります。何故にあっさりなのかは、物凄いタイムリーネタだから。


・ツィッターはもろ刃の剣と考える

 一番SNSで宣伝すれば集まりそうなのは、ずばりツィッターです。リツイートキャンペーン等は有名事例ですが、その一方で容易に炎上しやすい、そこから色々なトラブルが起こるのも特徴です。近年と言うか、大きな炎上案件がある旅に問題となるので、ご存じな人もいるでしょう。


 SNSで拡散する前には名所だった所が、拡散されたと同時にマナーの問題もあって……と言うのも、よくあるパターン。いっそのこと、隠れた名所と言う事で拡散しない方がよかったのでは……な事も言われます。一度拡散されたら、そこから元に戻すにはかなりの時間がかかります。瞬時に決着するケースはゼロではないと思いますが、現実には少ないでしょう。自分の作品だと、炎上しても即座に対応するガーディアンが出てきますが……それは、あくまでもフィクションです。


 自分の場合、ツィッターアカウントを持たない事情があるのは言及した通りですが、バズっているかそうでないか、さっきのつぶやきで炎上していないか等を心配し過ぎて仕事が集中できなくなるような人もいますよね。

(自分は、そちらよりも別の意味で使わないのですが……ここでは割愛)


 ツィッターは非常に便利なアプリかもしれませんが、使用者によっては『神にも悪魔にもなれる』のです。アプリ開発者はダウンロードする人を選ぶことは出来ません。年齢制限等で絞り込みは可能ですが、それでも悪用する人は出てくるでしょう。それを踏まえた上でツィッターを上手く使いこなしてください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます