人喰い魔女の子守唄 ~世界最強で甘やかしなお姉ちゃんはわたしを喰わなきゃ生きてけない~

作者 たまわり小毬

116

39人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

「魔女」の文字が見えたので思わず読みに入りました。
いわゆる百合モノというのもわかっていました。
正直百合モノは初体験でした。ええ、正直に。ほんとだよ?

もちろん、百合描写もかなりのものなのですが、それ以上にストーリーがものすごい骨太。恐ろしい描写力で描き出されるファンタジックな世界。当然百合もすごいです。怒られないギリギリをついている気がします。

でも、私はこれ、本気の「魔女の物語」として広めたいと思いました。すごいんですよ、圧倒的なんですよ、練り込みが。「魔法を練り込む」という表現が随所にでてくるのですが、この物語は「文脈をとことん練り込んだ」というのにふさわしい。とにかく圧巻です。

登場人物は少ないながらも生き生きと描写され、時として生臭く、時として暖かく、時としてドールのように美しい。そんな魔女、もとい、人間と主人公の間で育まれる愛と信頼が物語の背骨となります。その人間の描写も美しいのですが、戦闘シーンの描写もまた圧倒されました。息もつかせぬとはこのことかと思いました。

くどくど書くと素晴らしいストーリー運びを味わっていただく機会を奪いかねないので、あまり書きませんが。

とにかくすごいです。世界がすごい。

どうなっちゃうの、どうしてそうなったの、それでそれで、と、とにかく次から次へと文字を追わずにいられない。苦悩、苦難、罪咎、そういうものもリアルすぎるほどリアルに描かれていて、読んでいて心が痛くなるほどでした。最後はどうなるのか。それはぜひ、ご自身の目で! 後悔はしません!

★★★ Excellent!!!

記憶を失った少女と彼女を拾って育てる魔女のお話です。これだけでも立ち上がるおねロリ好きは多いと思いますが、喜んでください、百合乱暴もあります。

主に魔女が少女の魔力を吸う描写のことです。百合に慣れた諸兄は「ふーんえっちじゃん」と思われることでしょうが、割と快楽よりも痛みを覚える描写が多いです。
そして底が見えない騙し騙されの展開。最初こそ甘やかしお姉ちゃんと背伸び少女のほのぼのおねロリやってますが、ひとつ秘密が明かされたかと思えばその奥にはまた嘘が。
果たして魔女は本当に信じていい存在なのか、彼女の真意はどこにあるのか。読んでいるこちらまでハラハラしてきます。

優しさと大好きの裏に潜む、嘘と秘密と裏切りのおねロリ。これからどうなっていくのかとても楽しみです!

ちなみに私はスレイさんが好きです。口が悪くて容赦もない、しかしめちゃくちゃ頼りになるお兄さん…立ち位置的にも性格的にもニアお姉ちゃんと対比になってる感じがまたいいですね。なんで百合小説なのに男キャラのこと語ってるんでしょう。分からない。