傭兵が死すべき場所は 神の慈愛の手のひらか それとも神に見放されし己が郷土か

作者 K

0

0人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?