悪魔の力

 ホラインとダーバイルは魔神を連れて、またいくつもの山を越え、ベレトの都に帰り着く。

 かの冒険騎士ホラインがベレトを発って十日後に、約束どおり悪魔を見つけ、戻って来た。そのうわさはたちまち広まり、当然王の耳にも入る。三人はすぐに王に会える事に。



 謁見の間にて、はやる心を内に抑え、ベレトの王はホラインに問う。


「ホラインよ、まことに悪魔を連れ帰ったのか?」


 ホラインは片膝をつき、ラビターンを紹介する。


「おおせのとおりにございます。彼こそ魔神ラビターン」


 ラビターンはホラインの言葉に合わせ、優美に礼。

 まじまじと王は目を凝らし、ラビターンを見て首を傾げた。


「見たところ、普通の男と変わらぬが……」


 疑う王にホラインは、ラビターンの正体を語る。


「ご注意を。彼は三つの願いを叶え、引き換えに魂を取る悪魔です」

「何とまあ」


 王は驚き、目をぱちくり。


「うむ、しかし……何か証拠がないことには、なかなか悪魔と信じられぬ」


 ラビターン、これを耳にしニヤリと笑って腕を組む。


「ほほう。では、その目に入れて進ぜよう」


 彼が手をこすり合わすと、その間から金や宝石がコロコロと。見る見るうちに山と積もる。王も兵士も大臣も、目を疑ってまぶたをこする。


「いかがかな? 少しは信じてもらえたか?」


 ラビターン、一国の王を前にして不遜な態度。彼がパパンと手を打てば、宝の山がパッと消える。これが悪魔かとみな恐れ、謁見の間は静まり返る。

 そんな中、ベレトの王は恐れずにラビターンに問う。


「叶えられない願いはあるか?」


 良い質問だとラビターンは再びニヤリと笑みを浮かべ、指を三本立てて言う。


「三つだけ。まずは願いを増やす事。これを聞いては悪魔の商売上がったり。次に私を殺す事。悪魔も自殺は許されぬ。そして最後は地上に存在しないもの。無いものをねだって良いのは子どもだけ」


 ふむふむと王は何度もうなずいた。


「それならば、ワシの願いは二つある」

「では聞こう。三つ目は後でも構わぬぞ」


 王の願いは何なのか、家臣たちはどよめきだした。そして、みなして固唾を飲んでジーっと王の言葉を待つ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます