旅は道連れ

 ベレトの都の北は山ばかり。村はおろか、まともな道もありはしない。うわさの悪魔の城とやらも、どこまで行けばあるものか。

 ホラインは何もわからぬまま旅に出る。少しの不安はあるけれど、いつも彼の心には冒険心が燃えている。旅支度を終え、いざ出発と都を発とうとしたところ、ダーバイルが彼を呼び止める。


「やあ旦那、これからどこへ行きなさるんで?」


 ホラインは振り向き答える。


「はるか北、悪魔の城だ」

「これはまた、えらい所に行きますな」


 驚くダーバイルにホラインは問いかける。


「何用だ? わざわざ呼び止めたからには、何ぞ用があるのだろう」


 ダーバイルはへいこらして答えた。


「いえ、それは。オレもお供しようかと」

「金にはならぬが、それでも良いのか」


 まじめな問いかけに、ダーバイルは胸を張る。


「金金と無粋なことは言いっこなしにしませんか。このオレも旦那と同じ、冒険家の端くれです。旅は道連れ、世は情け。一人ではお辛い旅も、二人なら案外楽しいもんですよ」

「しかしなぜ?」


 いまだ疑問の晴れぬ顔のホラインに、ダーバイルは真顔で答えた。


「大金には目もくれぬ豪気に心を打たれました。男が男に惚れることは、並大抵じゃありません。つまり旦那はそれほどの人物だということです」

「……して、本心は?」


 まっすぐホラインに見つめられ、ダーバイルは弱った顔になる。


「いえいえ、ウソではございません。ただまあ、ちょっとはお零れを期待しないではありませんが。それでも嫌な野郎について旅をするほど人間できておりませぬ」

「そうなのか。では、さっそく出かけよう」


 こうして二人は連れ立って、ベレトの北の山を越えて行く。



 ホラインとダーバイルは三日三晩かけ、いくつもの山を越えた。

 されど悪魔の城はまだ見えぬ。本当に悪魔の城などあるのかと、二人は不安になりながら、四日目の夜を迎える。


 真っ暗な夜の森で、たき火を囲んで野宿中、ふとダーバイルはホラインにたずねた。


「ホラインの旦那はどうして騎士なのに冒険なんぞしてなさるんで?」


 ホラインは木の枝でたき火を突きながら、ぽつりぽつりと答える。


「出生は田舎貴族の五男坊。剣の他には取り柄なし。都に上がり、騎士になったは良いものの、城仕えが性に合わず、さりとて戦も嫌だから、諸国放浪の旅に出た。土産話を金に換え、食うや食わずの毎日だが、まあ悪くはない」


 それを聞いたダーバイルは、なるほどねえと息を吐き、己の過去を語り出す。


「オレも生まれはド田舎で、親は貧乏のロクデナシ。十二で家を飛び出して、都で乞食のまね事をしながらケンカに明け暮れて、気がつきゃヤクザのお仲間で。しょうがないから旅に出て、ヤクザと縁を断ち切って、今日この日までやって来ました」


 お互いに過去を明かして夜が更ける。ダーバイルはあくびをしながら横になる。


「ここはお互い似た者どうし、明日も仲良くやりましょう」


 いったいどこが似ているのかとホラインはあきれたが、はやダーバイルは夢の中。寝た者を起してまで言うこともなし、ホラインも横になる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます