愁いを知らぬ鳥のうた

作者 無月弟

62

24人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ネタばれになるので、内容は伏せるとして、一見切なげなので、「今日はちょっとしんみりしよう」と思って読み、いい意味で、ぐいっと明るい場所に連れて行って貰えました。

短いながらも、人を惹きつける、何かを感じました。

短くてもいいじゃないか。駆け抜ける、そんな名作があってもいい。

そんなとある作品の言葉を思い出します。ともかく、色々とハイドン級にどずーんとすることが多い現在、ちょっとしたほんわかさで、飛べないけれど、飛んでみませんか?

心が軽くなりますよ。らんららーん。(*´▽`*)笑。