第4話 空かける雷

 幾度も季節が巡り、少年は大人になった。痩せっぽちの男に。少女も大人になった。しかし、肌は白く、髪の色は太陽の色のままだった。相変わらず、二人は別の一族から求められることはなかった。


 ある日、いつものように、痩せっぽちの男が住んでいる洞窟を後にし、絵を描くために別の洞窟へと草原を歩いていた。


 だが、この日は、いつもと違っていた。


 痩せっぽちの男が歩く姿を、遠くから見つめているものがいた。男が歩くと、距離を開けずにそれも歩いた。男が止まると、それも止まった。


 男が住んでいる洞窟から充分離れると、それは姿を現した。剣歯虎サーベルタイガーだ。巨大な二本の牙は、地上を我が物顔で闊歩するマンモスをも餌食とする。


 悲鳴をあげて逃げる男に向かい、草原から飛び出した剣歯虎サーベルタイガーが、全身を弾ませて襲いかかる。男が突き出した槍が体を掠め、剣歯虎サーベルタイガーが一歩身を引く。冷たく無表情な顔は、獣というよりも死の化身のようだ。


 剣歯虎サーベルタイガーは、ゆっくりと男の周りをまわる。男には逃げ場がないと教えるかのように。男は恐怖に震えながらも、必死に冷静さを保つ。身を守るのは一本の槍だけ。かつての狩りのように、落としたら、もう為すすべはない。両手に力を込め、しっかりと握る。男は槍を何度も突き出して剣歯虎サーベルタイガーを牽制するが、当たりもしない距離のある攻撃など、どこ吹く風と行った風情だ。


 剣歯虎サーベルタイガーが、ゆっくりと一歩一歩近づいてくる。そして、互いの距離を確かめ、一躍で押し倒せることを確信したように、身を沈めた。


 死を目前とした男の目には、剣歯虎サーベルタイガーの動きが、時間が止まったかのように、はっきりと映った。剣歯虎サーベルタイガーの体が、少しずつ低くなり、足が限界まで折れ曲がる。そして、すべての力が開放される瞬間、雄叫びが走った。


 絶叫をあげながら、黄金色の髪を振り乱し、槍を持った女が剣歯虎サーベルタイガーに襲いかかった。血走った目、雄叫びを上げる開いた口、悪鬼のような形相で槍を突く。突然現れた女の勢いに押されたか、剣歯虎サーベルタイガーが距離を開いた。


 しかし、一命をとりとめた痩せっぽちの男は、自分の力では敵わないと思ったか、女に協力することなく、一目散に洞窟へと逃げていく。一人残された女は、剣歯虎サーベルタイガーと向かい合った。


 かつて、剣歯虎サーベルタイガーに襲われた女には、敵の強さがわかっている。子どもの時には手も足も出なかったが、それは大人になっても同じだ。とても人間の手に負える獣ではない。ましてや一人では。


 しかし、勇敢にも女の方から先に動き、剣歯虎サーベルタイガーへと襲いかかった。剣歯虎サーベルタイガーは、しなやかな動きで、女の槍をやすやすと躱す。しばらくは女を警戒していたが、やがて、さきほどの男同様、所詮は敵ではないと悟った。


 そして、獲物を奪われた憎しみからか、先程までの無表情とはうって変わり、目に凶暴な光が宿った。女に向かい、威嚇の唸り声を上げる。開いた口から除く舌は、あたかも舌なめずりをしているかのようだ。


 じりじりと女に歩み寄る。

 じりじりと女が後ずさる。


 さらに女に歩み寄る。

 さらに女が後ずさる。


 女は、全身に毛を逆立て、たとえ敵わなかろうと、刺し違えてでも、一突きを食らわせようと覚悟を決める。


 獣の跳躍に合わせ、自らも飛びかかろうと両足に力を込める。だが、一歩、左足を引いた時、ぬかるみに足をとられた。


 鍛え上げられた女の体は踏みとどまったが、獣はその隙を逃さなかった。


 獣が女に飛びかかる。


 女が死を覚悟した瞬間、空からいかづちが落ちた。


 獣の前に地面に、空から飛んできた槍が突き刺さる。


 更に二撃、三撃。次々と、槍が空から獣に襲いかかる。


 槍を投げているのは痩せっぽちの男だ。男は窪みの付いた棒に短い槍を乗せ、振りかぶった。棒の上に載せられた槍は、手投げの数倍の速さで空を飛び、どんな強靭な男でも飛ばせない距離を飛んだ。


 後に投槍器アストラルと呼ばれる道具を使い、次々と、痩せっぽちの男が槍を放つ。そして、男の放った一投が、太陽に向かい一直線に天を突いた。天空に優雅な弧を描いたその一投は、流星のように剣歯虎サーベルタイガーを貫いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます