リレイヤーズ・エイジ - キミシニタモウコトナカレ -

作者 ながやん

すべてのエピソードへの応援コメント

  • あとがきへのコメント

    お疲れさまでした、辛い戦いを乗り越えた彼らのエピローグを楽しみにしております。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!ムネミツさんにもいつも、大変お世話になりました。毎週読んでくださって、本当に嬉しかったです。常に創作家というのは、作品を受け取ってくれる人、楽しんでくれる人に支えられてるんだなと強く思いました。年が明けたら、エピローグをお届けしたいと思いまっす!

    2020年12月28日 16:46

  • あとがきへのコメント

     ながやんさん、おつかれさまです。

     本当に、おつかれさまでした。

     連載開始からもう六年になるんですね……当時が昨日のことのようです。いえ、正確には連載開始のその瞬間には立ちあっていないのですが。

     僕が読み始めたのは第2章開始の直前か直後くらいでしたでしょうか。スパ◇ボ「」でリレイジを知ってそのあとからなので、当時は自分を『後発読者』のように思っていましたが、今となってはほぼ初期からの読者になりましたね。

     当時からリレイジをここで連載するに至った経緯をお聞きして、そのスケールの大きさとながやんさんのプロット構築力の高さに圧倒されていました。僕もプロットらしきものは作りますが、そんな先のほうまでかっちり決められないです;

     計画性がない……!

     でもながやんさんは僕とは比較にならない解像度で自作の全体像を思い描いていらっしゃった。頭の中ですでに完成している、だからそれをベースにスパ◇ボ「」用のアレンジもできる。リレイジがいかに長い物語か、今の自分が読んでいる部分がほんの序盤に過ぎないと知って、当時は気が遠くなったものです。

     でも、ついにここまで来れたのですね。

     いかに脳内に完成品があるとはいえ、それをアウトプットするのは決して容易なことではなかったと思います。ながやんさんには他にもやることがたくさんありますし、六年間こうして執筆を続けられた一事を取っても大変な偉業だと思います。

     そのリレイジ連載の日々を、読者として共有できたことを嬉しく思います。作品が終わってしまうことは名残惜しいですが、追い続けた作品のエンディングをようやく見れると感無量でもあります。

     統矢さんたちこの作品の登場人物にどのような結末が訪れるのか、エピローグも楽しみにしています!!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!天城リョウさんにはいつも、ずっと続けて読んでいただいて、常に温かいコメントを頂戴していました。時には内容に踏み込んだお話も沢山頂戴し、参考にさせてもらって手直ししたこともあります。本当に、真剣に楽しんでくださってる天城リョウさんの存在が、自分の執筆を大きく強く後押ししてくれました。そしてとうとう、本編の完結までこぎつけました。

    いやあ、長いようで短かったです。

    統矢たちにもようやく、平和な日々が訪れそうです。その最後を、ハッピーエンドと共にお届けできればと思います。最後まで頑張りまっす!

    2020年12月28日 16:45

  • 第24話「歪な未来を切り裂いて」へのコメント

    この次々と畳みかけるような激闘! これぞ決戦、素晴らしかったです!!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!最後は必殺技のオンパレードで、ばっちりトウヤ様を倒してみました。ただ、トウヤ様はリレイヤーズなので「殺すと転生する」という、非常に厄介なラスボスでもあります。最終話、そしてエピローグをお楽しみに!

    2020年12月21日 08:29

  • 第0話『60秒でわかるリレイジの世界』へのコメント

    世紀末的現実に対してりんなのテンションが高い。アニメの次回予告の様な語り口のようで、頭の中入ってきますね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!りんなは第一話のプロローグの時点で死んでて、実は本編で登場する機会がないヒロインなんですよね。なので、ちょっとだけはっちゃけてます(笑)長い長い物語になるので、わかりやすく世界観や設定が伝わればいいなと思いました。凄くうれしいです!

    2020年12月14日 14:23

  • 第22話「深海に舞い散る雪」へのコメント

    千、千雪~~~~!
    来世では幸せになって欲しい。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!予定されていたこととはいえ、この終盤でヒロインの一人を殺すのは胸が痛みます。でも、彼女が平行世界の自分、もう一人のチユキに譲られった未来は…必ず最後に、読者全員に幸せな結末をもたらすと信じています。激しい展開が続きますが、もう少しだけお付き合いいただければ幸いです!

    2020年12月7日 09:05

  • 第22話「深海に舞い散る雪」へのコメント

     おー、アーマーパージして中から古い愛機が! やっぱいいですねぇー、とか油断してました。じょうは、ぎゃー! ヒロインだけは生き残るとタカ括ってたましたぁぁぁ! なんてことだ…残された統矢さんたちの反応を想うと今から胃が。次回も楽しみにしています!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!そうなんです、ディープスノーの正体は、大破した改型参号機の修理時に、シンデレラの解析で作った重力制御システムを搭載した、いわばフルアーマー参号機だったんですね。ただ、今の人類同盟の技術力ではどうしてもデカくなっちゃって、なんか一回り大きいPMRだったんですね。そして、千雪ちゃん散華…多分、散々レイルと戦いまくってきた彼女ですが、会話が成立したのは初めてかもしれません。そして最後になりました。二人が平和な時代に会ってれば、恋のライバルになるか、れんふぁも入れて統矢が中心の三角関係になっていたかもですね~

    2020年12月6日 17:08

  • 第21話「それでも、未来に――」へのコメント

     御堂先生ぇぇぇ! 分かっていましたが遂にこの時が。壮絶ですね……

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。連載六年目にして、とうとうこの最終局面に到りました。刹那ちゃん先生もリレイヤーズなので、この瞬間もどこかの世界戦に生まれ直してる可能性はあるんですけどね。あるいは、自分で行ったことがある並行世界を指定して転生してるかもしれません。それがどこで、彼女の次の人生が幸せになるかどうか…それも全て、この最終決戦での統矢たちの頑張りにかかってますね。

    2020年11月26日 18:34

  • 第21話「それでも、未来に――」へのコメント

    すき(語彙力消滅)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!いよいよクライマックス、次はあのキャラが…ふふふ、お楽しみに。いやー、でも内心キャラが死ぬシーンは心が削れますわい。一応エピローグでハッピーエンドが決まってるとはいえ、そこに行くまでにきっちりトウヤ様をやっつけないといけないので…もう少し頑張りますので、引き続き応援よろしくお願いします!

    2020年11月26日 18:32

  • 第20話「凍れる炎が暗く燃える」へのコメント

    中々に抉い展開……にしてもロボの戦闘いいなぁ(切り替え早い)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!戦闘描写を褒められると、正直めっちゃ嬉しいですね。そして、トウヤ様によるド外道大作戦がどんどん進んでます(笑)殺してもすぐ転生するので、果たしてどう処理するか…残り数話、お楽しみにです!

    2020年11月9日 18:27

  • 第20話「凍れる炎が暗く燃える」へのコメント

    敵側のトウヤの外道っぷりが良い敵ぷっりでした。
    敵に取られて改造された愛機との対決は醍醐味ですね。

    作者からの返信

    いつもありがとうございます!意識的にあっちの統矢、スルギトウヤ大佐は外道で非道なクズ人間として書いてます。同じ「幼馴染の死と外敵の脅威」にさらされながら、全く違う人間になった統矢とトウヤ。最近になって自分は、本編のクライマックスが近付く中で「あちら側の地球、まともだったころのトウヤ」なんかも機会があったら書きないなと思うようになりました(笑)

    2020年11月8日 21:05

  • 第17話「惜別なき出撃」へのコメント

    最後の出撃、統矢は帰ってこれるのか楽しみです

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!お返事遅れてしまって、すみません。いよいよ怒涛のクライマックス、最終決戦の始まりです。来週から連載再開されるので、お楽しみに!アッと驚く結末、そしてまさかまさかのハッピーエンドが待ってますよ~

    2020年8月30日 21:59

  • 第15話「終焉への秒読み」へのコメント

    決戦に向けて英気を養うって大事ですね。

    作者からの返信

    ありがとうございます!いよいよ最終決戦への秒読み段階です。次回は短い休息が描かれ、そして始まるラストバトル…単艦突撃、前も後も敵ばかりです。果たして統矢たちは勝利することができるのか…そして、これ以上犠牲者がでなければいいんですけどね(ぉぃ

    2020年6月9日 08:13

  • 第14話「涙を拭いて」へのコメント

    魂を癒して前に進む少年少女、酒は百薬の長ですね

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!手向けの花と、別れの酒と。しかし、多くの犠牲を悼む間もなく、さらなる追撃を受ける…そして、それとも戦いながら、敵が大量に次元転移で合流する宙域を目指さなければいけません。かなりハードなミッションですが、それだけに全ての参加者にドラマがあります。最後まで一気に書ききりたいと思います!

    2020年5月31日 18:23

  • 第13話「未来で、待ってる」へのコメント

    大尉……! 泣きました;;

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!そう言っていただけると、自分も嬉しいです。グレイ大尉も、身体を張って未来を切り開いた意味があると思います。どうしても、統矢たちが反乱軍という「巨象に立ち向かう蟻」のような存在、圧倒的不利な上に余裕がないギリギリの戦いをしてるため、こうした犠牲がでてしまうシーンを書かないとなと思いました。自分のキャラの死に悲しんでもらえたことは、作者冥利につきますね。ありがとうございます。

    2020年5月20日 10:31

  • 第13話「未来で、待ってる」へのコメント

    グレイ大尉、漢の散り際ですね。
    想いを背負って未来を切り開け!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!とうとう大尉、散華です…第一章から出てる貴重なベテランパイロットですが、やはりどうしても必要を感じて、散っていただきました。単純に「はい死んだ!はい感動!」みたいなものではないんですが、統矢たちが厳しい中で戦ってること、反乱軍故に犠牲が出てしまうことを、ちゃんと書こうと思いましたね。

    2020年5月20日 10:29

  • 第11話「宇宙へのきざはし」へのコメント

    補給は肝要ですよね。主力ほど華々しくなくともそこがやられたら戦えなくなる縁の下。グレイ大尉らしい渋い役どころですね!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!戦争は常に、兵站あってこそですね。創作物ではあまり語られませんが、補給線を常に正常に保つことは、これは前線部隊の死活問題です。その補給部隊を護衛する任務も、とても大事ですね。流石はグレイ大尉、いぶし銀のいい仕事してくれます。そして、ヒューストンに敵機襲来…ロボットモノでは「大気圏の突入と離脱には、必ず敵が襲ってくる」がお約束!次回、グレイ大尉の大活躍にご期待ください!

    2020年5月6日 09:34

  • 第10話「絶望は炎へ消えて」へのコメント

    苦渋の決断、ぶつかる思い。
    乗り越えて未来を掴み取れ!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!この世界では既に、パラレイドこと新地球帝國が支配してるので…旧人類同盟の人たちの中には、新たに再編成されて敵になった部隊も存在します。守るべき同じ地球人、そして同胞…しかし、立ちふさがるならば乗り越えなければならず、相互理解のための言葉も時間もありません。こういうシチュエーションが生まれてしまうのもまた、戦争の悲劇ですね~

    2020年4月22日 20:56

  • 第9話「天への道標、古の矢」へのコメント

    氷蓮に何かギミックがありそうで楽しみです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!ムネミツさん、アッー!鋭い、アッー!そうなんです、一度は敵に奪われ、敵に利用された樹雷皇…でも、実際は「敵が奪ったのは、本当に樹雷皇なのか?」ですよ。トウヤ大佐たち「違う世界線の未来人」から見て、そんなに樹雷皇は欲しいものか?むしろトウヤが取り戻したかったのは…!?みたいな。ふふふ、今後最終局面でその理由が明らかになるので、お楽しみに!

    2020年3月22日 23:40

  • 第8話「戦士たちの休息」へのコメント

    平和なひと時で彼らの心が癒されて、頑張れと応援したくなります。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!ここからもう、ギャグなし息抜きなしのノンストップシリアスバトルです!最終バトルにいたるまでにまず、天城を宇宙に行かせてあげないといけないので…いやあ、何人死にますかね、といった感じもありますが、楽しみにしててもらえれば嬉しいです。自分的には最後はハッピーエンドにするつもりですが、これからは統矢たちの頑張り次第でっす!

    2020年3月18日 21:03

  • 第7話「闇の中でこそ、光る勝機」へのコメント

     リレイド・リレイズ・システムを使う敵の事情につけこむ一網打尽作戦…! さすが御堂先生、ちゃんと勝つ算段はつけてるんですね。敵の方はどうでてくるか。次回も楽しみにしています!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!ようやく家のゴタゴタも少し落ち着いて、またこうしてリレイジの最新話をお届けできるようになりました。最終決戦、大量の核で一網打尽にする作戦です。勿論、敵側も全戦力が集結する瞬間は警戒してますが…そこはもう、みんなで殴り込むい勢いで突っ込むことになります。最終章、これからもお楽しみに!

    2020年3月2日 08:16

  • 第5話「凍てついた真実」へのコメント

    敵の対抗策への対策がいる、血を吐きながら続けるマラソンに統矢は勝てるのか?

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!リレイジ世界での便利なバリア、グラビティ・ケイジ…これを相手から引っ剥がしちゃう凄い敵が現れました。しかも、それには豹変してしまった洗脳状態のレイルが乗ってるんですね。さあ、統矢たちはこれを倒せるでしょうか。来週は少し息抜きの回ですが、激しく厳しい戦闘が続くのでお楽しみに!

    2019年11月25日 15:38

  • 第4話「狂乱の熾天使」へのコメント

    統矢のそういう甘いと取られる情が魅力ですね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!統矢って、実は作中だと結構ツメが甘いんですよね。その度に千雪やれんふぁ、部隊の仲間たちはてんてこ舞いです。でも、そういうのがまた彼の魅力で、ただの強さや力ではなく(実は作中では、パイロットの技能としては彼は下から数えた方が速いくらいの実力です)復讐から始まった戦いの中で得た経験が、彼をまだ感情や情緒で支えてるんだと思います。逆に、これがなきゃDUSTER能力もあって最強キャラになれるんですけどね(笑)でも、周りの人たちはみんな、そんな優しい統矢がいいんだと思います~

    2019年11月20日 19:14

  • 第3話「絶対零度の再会」へのコメント

    レイル、何かいじくられてる感じですね。
    何が出てくるのか楽しみです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!返信遅れてしまってゴメンナサイ。そうですね、ふふふ…結構レイルは、新地球帝國(パラレイド)側から見ても、随分統矢に肩入れしてる、時には助けたりとかしてましたからね。そういうのって、多分あっちのトウヤ様は凄く嫌がりそうだなと。見た目が子供なリレイヤーズでも、本当はトウヤ様は中身も子供な奴なのかもですね。それでアレコレいじられちゃったレイルちゃん、さてさてどうなるか…お楽しみに!

    2019年11月7日 21:32

  • 第2話「雪は舞い、氷は輝く」へのコメント

    千雪さんが素敵すぎますね、統矢は頑張れ幸せを守る為に。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!もー、ラブラブですね。最終章だけあって、円熟した老夫婦みたいな呼吸になってます。千雪、見た目は綺麗なのに、かわいげはない(しかもメカオタク)という、尖ったヒロインですが…まあ、もう片方のれんふぁがぽややん系ふわふわ女子なのでバランスは取れてるかと(笑)

    2019年10月13日 11:26