『稚児考』 *『弘児聖教秘伝私』などからのあらゆる可能性から稚児の実態を推測する

作者 泊瀬光延(はつせ こうえん)

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 四、稚児の誕生へのコメント

    中世が舞台の小説に稚児は欠かせないと思ってしまうほど、
    稚児好きなので、興味深く拝読しました。
    おっしゃる通りだと思いました。

    稚児灌頂とは寺院の稚児を観音の化身として礼拝した儀式なのか?
    稚児灌頂を授けられた稚児は夜伽相手だったのか?
    その両方だったのか気になります。
    真実は中世の天台寺院の闇の中ですね。


    作者からの返信

    おぼろつきよさん、コメントをありがとうございました。実態はすでに分からなっくなっているのは事実ですが、各寺院に今でも残る観音開帳時の稚児行列はその名残と思います。現代では「お稚児さん」などと親しみを込めて呼ばれますが、当時もそういう面があったかも知れませんよね。ソメヤン先生の授業での法華経の観音経の部分を見ると観音信仰が根拠になったことはほぼ間違いはないと思います。あとは浮世草子、稚児草紙などを穴のあくほど研究するのみと思います。お互い妄想をがんばりませう!

    2019年11月12日 02:27

  • 五、稚児の容姿と結びへのコメント

    秘密灌頂(ひみつかんじょう, གསང། [gsang])阿闍梨の体験している楽空無差別の境地を、弟子も同様に体験できるようにするため、その素地を植え付ける

    ↑これはチベット密教の4つの灌頂の一つですが、「その素地を植え付ける」って、なんでしょうね‼ 「植える」、には「突き刺す」意味もあるので、妄想膨らみますね。

    作者からの返信

    ZICCO先生、コメント有難うございます!チベットの密教の灌頂って神秘的ですね!師から弟子へ植えつけるって・・・ううっ!

    2019年9月28日 09:02