主役にはなりたくない〜田中司(41歳)がやりこんだゲーム世界にモブキャラとして転生して世界を救う件について〜

作者 もりし

4,617

1,732人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

いわゆるゲームキャラとの入れ替わり物ではあるんだけど、なかなか一癖も二癖もあるような感じで進行している。

本来主人公出会ったはずの存在が出てきたけど、そうするのか、という感じ。

はたしてモブキャラは主人公になれるのか、本来の主人公はこの先どうなるのか。
非常に先が気になる展開です。

★★★ Excellent!!!

 タイトルのとおり、41歳という微妙な年齢の主人公がゲームの世界の少年に転生してしまう小説。

「15歳の健全な女の子らしくムチムチとしていて、しっかりご飯を食べて運動していると分かる。」

 などとリアルなリビドー描写を無邪気にブチ込んでくるあたり、絶妙な年齢の主人公の心理状態がかなり切実に描かれている感じがします。

 とはいえ都合の悪いストーリー展開は回避しなければならず、しかし転生したのがゲームの主役ではないので、モブキャラの身でありながら先手を打っていろいろな対策を講じていきます。

 ゲームをやりこんでいるのでそのへんの機敏はお手の物な主人公ですが、まるで主役が出てこないという「どうにもならなさ」ひとつに引きずり回される話の流れは、コメディチックに楽しく読むことができます。おすすめ。

Good!

簡単にあらすじを説明すると、
この物語はゲームの世界へ転生した元中年主人公がハーレムを築きつつ成り上がるバトル+恋愛。みたいな物語です。

はじめはゲームの世界観を所々できちんと説明していたため、景色が頭の中で浮かぶようで面白かったです。しかし、だんだんとゲーム内の地理情報等がわかりづらくなっていってしまったため、地図等の地理情報を作成してほしいと思います。

又、気になる点ですが、主人公と他キャラクターとの出会いの描写が薄い点と、親密度の上がり具合が異常すぎる点とがあります。

キャラクターとの出会いから恋仲になるところまでの描写がより濃く、面白いものになったのならさらに伸びる小説なのではないかと感じます。

応援しています。

★★★ Excellent!!!

異世界転生モノは、たいていが主人公か悪役かになるかと思います。しかし、この物語は主人公にかすりもしないモブキャラに転生する面白い切り口です。人生の様々な局面で、人は「やるか、やらないか」の選択を迫られます。主人公や勇者はたぶん「やる」選択をするはずです。やらなければ物語は動かないですから。そう考えると、モブキャラであっても「やる」選択をするのは、もう立派な主人公なのかもしれません。

★★★ Excellent!!!

彼は知っている。私も知りたい。ゲームを模して。感動に泣く。終わりは果てしなく近い。ダブル主人公。
テンポはミデアムな印象で、独特のテンポ螺旋。この作品に比べて稚的な発想だが、僕もある程度似た設定を考えたことがある。しかしあらゆる面で僕が劣っており、その完成度の高さが特筆される。
流石のキャラクター配置。僕には書けない。何度も言うようだが、ゲームを模した世界、やはりユメですね。

★★ Very Good!!

矢鱈と周りに影響力あるモブは、一途な彼女に対して真摯に答えていこうとするが…

この作品、色々なモブ作品の中でも出来は良いと思います。
主人公の行動も、人格相応の態度で描かれていて、急に露骨な変貌とかしないし、割と真面目に先を考えている場面も多くありますが、少し相対する側の行動が消極的な気もします。(2020/4月半ば現在)
今後も作者さんには、頑張って貰いたいなと思います。