そこに幻想がある気がしていた。

作者 いよ