ワンラインポエム

作者 柳なつき

すべてのエピソードへの応援コメント

  • ゆでたまごへのコメント

    いただきます&ごちそうさまでした

    作者からの返信

    ですねえ、まさしく。

    2021年8月2日 17:08

  • イオンへのコメント

    若い時分には得体の知れない異音をよく吐き出してました♪www

    作者からの返信

    いおん……!!
    私も、ですねえ。身に覚えがありまくります……。

    2021年7月21日 16:28

  • ゲームへのコメント

    ゲーム沼にどっぷり

    作者からの返信

    それも、ありますねえ……。

    2021年7月14日 16:29

  • フォーマルドレスへのコメント

    梅雨が明けましたならば、葡萄やオリーブ等の柄の果樹有るドレスをお召しになってみては如何?

    作者からの返信

    果樹有る……いいですね!!

    2021年7月13日 16:01

  • 満月にへのコメント

    ああ、美しい表現です。

    作者からの返信

    光栄です。

    2021年7月9日 13:24

  • 靴の底へのコメント

    苦痛の底

    作者からの返信

    なるほど、くつ、くつう……!

    2021年7月7日 16:48

  • 時計を見たらちょうどへのコメント

    奇跡だ。

    作者からの返信

    奇跡とも、いえるかもしれないことですよね……!

    2021年7月7日 16:46

  • まなざしへのコメント

    巌の山を
    転がる先に
    まろみの玉と
    なれかしと

    (ベベン♪ベン♪)

    作者からの返信

    深いです。

    2021年7月7日 16:46

  • 電信柱へのコメント

    日に焼かれ 風に曝され 雨に打たれ
    黙して立ちて アイを伝える

    作者からの返信

    おお、電信柱をそのように表現されるとは……さすが、おみごとです。

    2021年7月7日 16:45

  • したへのコメント

    孤独との闘い

    作者からの返信

    ですねえ。

    2021年7月7日 16:44

  • チョコレートへのコメント

    なんだろう。いまいちこの設定が想像できません。
    でも、衝撃的です。あまりに衝撃的な場面なので、
    夢に出てきそうです。
    解剖した後、小腹がすいたのでしょうか。気になります。

    作者からの返信

    衝撃的とおっしゃっていただけて、なによりです。
    なかなかにない状況では、ありそうですよね。

    2021年3月16日 17:56

  • お誘いもへのコメント


    黄昏れにふっと聞こえた誘う声
    振り返っても君はいなくて


    たそがれに
    ふっときこえた
    さそうこえ
    ふりかえっても
    きみはいなくて

    作者からの返信

    すてきです。

    2021年3月16日 17:50

  • わかっていてもへのコメント

    色々求めてしまいますよね…!

    作者からの返信

    ですよね……!

    2020年8月7日 11:56

  • そんなことへのコメント

    ときには、それも、そんなことも
    とても大事

    作者からの返信

    そうかもですねえ……。

    2020年8月7日 11:54

  • 保険へのコメント

    関西の人って
    「その答え〇〇やろ」って言った後に
    「知らんけど」っていう謎の保険かけますよね笑(偏見)

    作者からの返信

    なるほど!
    たしかにそういうイメージあるかもです!

    2020年8月3日 18:17

  • 難しいことには意味はあるのかとへのコメント

    難しさと簡単さ(易しさ)は表裏一体という事ですね。

    作者からの返信

    かもしれませんねえ。

    2020年8月3日 18:17

  • 進行へのコメント

    ともよ!きみにさちあらんことを!

    作者からの返信

    さちあらんことを!!

    2020年8月3日 18:17

  • 保険へのコメント

    保険を掛けるのも、頑張り方のひとつなのでわ〜

    作者からの返信

    かもしれませんね!

    2020年8月3日 18:16

  • 自由と束縛とへのコメント

    まさに「自由という刑に処されている」ですね!

    作者からの返信

    たしかに!

    2020年7月31日 12:31

  • 削るへのコメント

    僕も血肉を削って頑張ります!

    作者からの返信

    がんばってくださいまし!

    2020年7月27日 17:12

  • 心のへのコメント

    "でも"ではなく、"だから"だと思います。
    心の強い人こそ、泣いて泣いて泣いていると思います。
    涙が人を強くする、というのは綺麗事かも知れませんが、案外事実なのかも知れません。

    作者からの返信

    なるほど、そうかもしれませんね。
    涙を流せば流すほど、そういう意味で、ひとは強くなるのかもしれませんね。

    2020年7月27日 17:12

  • 何もへのコメント

    ズバッと一言でくる感じがいいなと思いました!

    また読ませて頂きます!

    作者からの返信

    そう言っていただけて光栄です!

    またよろしくお願いいたします!

    2020年7月27日 17:10

  • 心のへのコメント

    にんげんですもの〜

    作者からの返信

    ですもの!!

    2020年7月27日 17:10

  • 結晶へのコメント

    ああ!此れは美しいです♪

    作者からの返信

    どうもです! 光栄です!

    2020年7月21日 16:23

  • びい玉へのコメント

    僕の友だちがビー玉好きなんです…奇遇ですね。笑

    作者からの返信

    そうなんですね!
    そのご友人もビー玉の魅力をよくご存じなかたなのでしょうね……!

    2020年7月21日 16:22

  • 結晶へのコメント

    短くていいセンテンスですね!

    また読ませて頂きます!

    作者からの返信

    どうもです!
    また読んでいただけると嬉しいです!

    2020年7月21日 16:22

  • ぶつぶつ、私ではないだれかさんの台詞へのコメント

    厭しき哀情

    作者からの返信

    哀場……。
    あいじょう……。
    まさしく……。

    2020年7月21日 16:22

  • あるあるよねへのコメント

    ……ありますね。そして、共感も理解も得られ難い。

    作者からの返信

    そうなんですよねえ……。

    2020年7月21日 16:20

  • かならずしもへのコメント

    "化け物"かどうかは分かりませんが犯罪者などが良い例でしょう。
    我々は、罪を犯した人を犯罪者と呼び嫌悪します。
    しかし、本当に犯罪者は悪いのでしょうか?
    いや、この質問は良くない。
    犯罪者は生まれついた時から犯罪者なのでしょうか?
    多くの犯罪者は幼い頃、いじめを受けていたり虐待を受けていたりするのです。
    逆に言えば、犯罪者ではない私たちはもしかしたらいじめや虐待をする側に立つ側だったのかもしれないということです。
    つまり、何が言いたいのかというと
    犯罪者は生まれついた時から悪の心を持っているわけでなく、育った環境が主に影響しているわけであるため、ただ犯罪者を批判し差別することは御門違いだということです。

    また、無差別殺人など重い罪を犯した人は、多くの人から温厚で優しい人だと思われていた、という記事がありました。
    その中に、人間は多面体、という言葉があり、なるほど、と思いました。
    どの姿も本物。温厚な姿もあるし怖い姿もある。
    その全てを受け入れてくれる人がきっと必要な人もいるのでは。

    たしかに、犯罪を犯すことはよくありません。
    でも、私たちはその犯罪を無意識のうちに目を背け、差別しているということはどうなのでしょうか。
    と、質問を問いかけて終わりにいたします。

    作者からの返信

    おっしゃること、ほんとうにその通りだと思います。
    問いに対しては、それは環境のせいでもあるゆえ、目を背けてはならず、差別せず、直視するべき、という答えを私はいちおうもっております。

    2020年7月14日 17:02

  • そんなことを言われましてもねへのコメント

    その様なことを言って来る人は基本
    よく褒められているにも関わらずさらに褒めを求める人だと思います。
    きっとそういう人たちはそれ相応の努力や結果を出しているからこそ、そんな褒めだけじゃ足りない。もっと褒めが必要なんだ、という心の声が出ているのでしょう。
    一種の承認欲求ですね。
    まぁ、別にそれが悪いとは言いません。
    人間誰しも認められたいものです。
    認められる事は生きることを感じますしね。

    認めて欲しいならお前のどこまでも認めてやるさ。
    だから、お願いなんだ。
    認めてくれるというありがたさを知ってくれ。
    なんて、友人に言いたくなりました。




    作者からの返信

    それもあるかもしれませんねえ。
    認める、ということは、ときにややこしいですねえ……。

    2020年7月14日 17:00

  • 戯言へのコメント

    真言のみにては伝わらざれば、真名仮名取り混ぜ戯言を

    作者からの返信

    ですねえ。まさに実践されていることですよね!

    2020年7月11日 13:13

  • 人間ってへのコメント

    ですねー、本当に。

    作者からの返信

    ですよねえ。

    2020年7月3日 14:09

  • 深さへのコメント

    泣くとは悲しみを感じているサイン。
    泣けないとは悲しむことすらできなくなったサイン。
    泣くことも一種のsosだし、泣くことすらできないことも一種のsosですね。

    作者からの返信

    おっしゃる通りかと思います。それこそ、深さですね。

    2020年7月1日 12:50

  • 戦いはへのコメント

    孤独を忘れるのはきっと今が幸せだからでしょうね。
    ごちそうさまでした。

    作者からの返信

    孤独は一時的に忘れられることがあっても、動かない事実なので、そのことだけはつねに忘れないようにありたいなあと思ったりします。

    2020年7月1日 12:46

  • 賢さへのコメント

    小学2,3年生の頃だったかな?
    その時、算数の授業をしていたけれど、誰も手を挙げなかった。
    すると、担任の先生が
    「静かにすることは偉いけれど、
    黙っていることは偉くないのよ」
    と言っていたのを思い出した。
    その当時の私は、本当の意味では理解できていなかったが、今は本当の意味がわかった気がします。

    それと、もう一つ。
    日本は察する文化を重んじており、
    そのせいなのかあまり自分の意見を主張をしない。それはそれでいいのだけれど、時には意見を発さなければいけないこともある。
    そんな今の日本を描いたのが
    欅坂46
    「サイレントマジョリティー」
    22/7
    「風は吹いてるか?」
    などでしょうかね。
    今や、アイドルすらもこの日本の察する文化に対する問題を訴えるほどに問題視されている、と考えても過言ではないと思います。

    作者からの返信

    なるほど、そちらの先生のお言葉は、真理の一面を鋭く突いた言葉だな、と思います。

    日本の特徴というところもひとつ、あるでしょうねえ。それらの歌にもあらわれていると思います。

    2020年6月30日 11:57

  • 怖さへのコメント

    エー、コワクナイヨー(棒)
    www

    作者からの返信

    棒、ですね!!!

    2020年6月25日 17:15

  • そういう光へのコメント

    あー、ありますねー。分かります。

    作者からの返信

    ありますよねえ。

    2020年6月13日 08:11

  • 空をへのコメント

    『MEN OF DESTINY』(メンオブディスティニー)と言う歌がありまして〜

    作者からの返信

    おお、聴いてみます!

    2020年6月13日 08:11

  • ある少年のたぶん叫びへのコメント

    かなしくてこわい

    作者からの返信

    ですねえ。

    2020年6月13日 08:11

  • 相対へのコメント

    そうですたい!

    作者からの返信

    そう!たい!!

    2020年6月13日 08:10

  • 願望にすぎるへのコメント

    周りに流されて濁ってしまうのでは無く、自らの意志で敢えて濁す。

    なんて言ってみるテスト。或いは……

    「濁ってしまった」とかなしむのでは無く、「深みがました」と誇る。





    自問:深くして透明であるは可なりや?

    自答:思いて学ばざれば

    作者からの返信

    ああ、いいですね。それ。深みがあります、どこまでも。

    2020年6月13日 08:10

  • ふつうだへのコメント

    なのでしょうなぁ。

    自らを思い返せば、若い時分には「普通じゃ無くていい」と嘯き強がっていましたですなぁ。

    作者からの返信

    ありますねえ。若いころのいろいろが私もちくりと刺さります……。

    2020年6月13日 08:10

  • こんな世のなかでへのコメント

    それでも、涙を拭って立ち上がり、前を向いて歩を進める。

    作者からの返信

    そう、ですなあ……。
    そうだなあ、と思います。

    2020年6月13日 08:07

  • 浄化へのコメント

    …………そうなのですよねぇ。

    作者からの返信

    ですねえ……。

    2020年6月13日 07:49

  • 戯言へのコメント

    ありがとう
    さようなら
    パキンっ!

    作者からの返信

    パキンっ……!!

    2020年6月8日 17:56

  • すくいへのコメント

    博愛なのかエゴなのか……

    作者からの返信

    なかなか、というところがありますね……。

    2020年6月8日 17:50

  • うるささへのコメント

    「沈黙がうるさい」耳慣れないフレーズなのにとてもストンと胸に落ちました。うるさいあとの沈黙は、確かにうるさい。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    そうなんですよ。その感覚を、おもちなんですね。

    2020年6月8日 17:50

  • 自分の感性にへのコメント

    …………ありますねぇ。

    作者からの返信

    あります、よねえ。

    2020年6月8日 17:41

  • 価値観へのコメント

    自分とは異なる価値観を尊重する事の厳しさ難しさよ!

    作者からの返信

    ほんとうに。おっしゃる通りかと。

    2020年5月14日 14:03

  • 価値観へのコメント

    価値観が違うと立ち尽くすしかないですね。話もかみ合わないし、けんかになるし、疲れるし。価値観の相違ほど、めんどくさいものはなし。

    作者からの返信

    おっしゃる通りのところもあるかと思います。

    2020年5月14日 13:58

  • 欲望によってへのコメント

    されますねー。

    作者からの返信

    されますよねえ……。

    2020年5月12日 13:46

  • よくあるへのコメント

    だが、ソレも誕生なのだぁ〜♪

    作者からの返信

    そうですね、誕生でも、ありますねえ……!!

    2020年5月12日 13:46

  • そんなねへのコメント

    ズキューン!

    作者からの返信

    物騒な物音!!

    2020年5月12日 13:46

  • へのコメント

    美味い!

    まいりますた
    m(_ _)m

    作者からの返信

    どうもです……!!

    2020年5月12日 13:45

  • いるよねへのコメント

    小学生にだって!

    作者からの返信

    ですよね!

    2020年5月12日 13:45

  • だから生きていけるし考えられるへのコメント

    あらあら、うふふ♪
    (*´艸`*)

    作者からの返信

    たまにはこういうのも書きます!

    2020年5月12日 13:45

  • 夜のしとしと雨へのコメント

    ですね〜♪

    作者からの返信

    ですよね!!

    2020年4月17日 14:09

  • 生存本能へのコメント

    群れを作る哺乳類の一種としては必要であったかと思いますよー。

    作者からの返信

    そうですね、科学的に見れば……!

    2020年4月17日 14:04

  • 狭間へのコメント

    あー、ありますねー、なっちゃったりしますねー、そんな気持ちに。

    作者からの返信

    ありますよね……!!

    2020年4月3日 14:23

  • そんなへのコメント

    ありますね〜、あるのですよね〜。

    作者からの返信

    ありますよね……!

    2020年3月17日 16:58

  • 快感へのコメント

    自分がなにものでも無いと言う安寧。

    作者からの返信

    あるのかもしれないですね、そういうのも。ですねえ……。

    2020年3月11日 12:18

  • からかってへのコメント

    ふう、ようやく読み切った……

    執筆お疲れ様です。(*‘ω‘ *)

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます……!
    一気読みしていただけまして、またすてきなレビューもいただけまして、大変光栄です!

    2020年2月26日 15:48

  • 主語へのコメント

    私バカよね。
    お馬鹿さんよね。

    私バカです(*‘ω‘ *)

    作者からの返信

    いえいえ! そんな! とんでもないです!

    2020年2月26日 15:47

  • 主観へのコメント

    つまりのぞき行為というのは視界の領土侵犯であり(殴)

    作者からの返信

    なるほど……!!

    2020年2月26日 15:47

  • 神のへのコメント

    サタニックサンタクロースって知ってる?

    作者からの返信

    初めて知りました!

    2020年2月26日 15:47

  • すくいへのコメント

    それはまるで金魚が薄い紙ぺら一枚で救い取られるかのように__

    作者からの返信

    なるほど……。

    2020年2月26日 15:47

  • 曲がり角へのコメント

    交差点は年がら年中、急停止。

    作者からの返信

    ほんとうですね……!

    2020年2月26日 15:47

  • だからといってへのコメント

    絆創膏をペタジーニ(*‘ω‘ *)ノ

    作者からの返信

    治癒ですね……!!

    2020年2月26日 15:46

  • 若さへのコメント

    ほんとそれな(´゚д゚`)

    作者からの返信

    ですよねえ、ほんとうに……。

    2020年2月26日 15:46

  • 信仰へのコメント

    信仰に抗ってみた
    「一万再生突破!」

    作者からの返信

    なるほど……!!

    2020年2月26日 15:46

  • 矛盾へのコメント

    でも、鉄道業界では「各駅停車」を「普通」と表記することがある。

    作者からの返信

    たしかに!

    2020年2月26日 15:46

  • ぐるぐるへのコメント

    それは循環性気質だね。
    (*‘ω‘ *)ぐぐる先生に聞いてみた

    作者からの返信

    なるほど、そうとも言うかもしれませんね!

    2020年2月26日 15:46

  • ネットの海へのコメント

    大網に釣られて今宵も眠るぼく。
    ネット

    作者からの返信

    ネット、まさしく……!

    2020年2月26日 15:46

  • たぶんだけどねへのコメント

    割り箸は便利だ。

    但し、上手く二つに割ることができたときに限る。

    作者からの返信

    なるほど!

    2020年2月26日 15:45

  • 見せかけへのコメント

    見せかけの深遠か?

    作者からの返信

    そういうことも、あるかもしれません……。

    2020年2月26日 15:45

  • 神のへのコメント

    優しい人は嘘が上手だったりしますねぇ。

    作者からの返信

    ああ、それもありますよねえ。

    2019年12月15日 14:47

  • はなれていったらへのコメント

    せつないですなぁ。

    作者からの返信

    そうなんです。せつないです……。

    2019年12月15日 14:47

  • 成長あるいは退化へのコメント

    常識は鎧。世間一般の普通の人から自分を守る為の。

    作者からの返信

    それもありますね!!

    2019年12月15日 14:47

  • こんぺいとうへのコメント

    ひとつのこったこんぺいとう

    つまんでおくちにぱっくりこ

    なめてとろけてほんのりあまい

    あまくてきもちもとろとろりん

    おめめもとろけてゆめきぶん

    ゆめのよぞらにきらきらひかる

    こんぺいとうのおほしさま

    作者からの返信

    こんぺいとうのすてきな面がふんだんに表現されております、甘く……!!

    2019年11月19日 13:04

  • 瞬間へのコメント

    悪人正機とも

    作者からの返信

    ああ……そうですなあ……。

    2019年11月16日 17:04

  • 泣くへのコメント

    大丈夫、みんな化け物よ

    作者からの返信

    あるかも、しれませんねえ。

    2019年11月16日 17:04

  • 等価ですらないへのコメント

    それもまた、一つの在り様、生き方。

    作者からの返信

    かも、ですなあ……。

    2019年11月16日 17:02

  • 現代のへのコメント

    絶対的指標があった方が、その指標の範囲内に大したストレス無く居られるのならば、楽ですものねぇ。

    作者からの返信

    そういう捉えかたもありますねえ。

    2019年11月12日 10:16

  • ぐるぐるへのコメント

    自力救済!

    作者からの返信

    ですな!!

    2019年11月7日 13:39

  • びい玉へのコメント

    はじめまして。うっかりして仲間に置いていかれて、ぼっちになってしまったのでしょうか…。

    作者からの返信

    ああ、そういう捉えかたもできますね。ぼっちのびい玉、ひとつのありうる解釈として、とても個性です!

    2019年11月4日 21:49

  • 削るへのコメント

    ……ぞりぞり……みちみち……ガリガリ……ゴリゴリ…………

    作者からの返信

    なんやら物騒な音が……!!

    2019年11月4日 21:47

  • 何もへのコメント

    自ずから溢れたり、迸ったり、滲み出たり。

    作者からの返信

    あります、ねえ……。

    2019年11月4日 21:47