天空の標

作者 蜜柑桜

終章 旅の終わり」への応援コメント

このエピソードを読む

  • ふう。よかった、よかった。めでたしめでたし。
    緊張しながら読んでいました。

    作者からの返信

    長編を立て続けに読了していただき感謝申し上げます。とても嬉しいです!
    お星様も本当にありがとうございます

    2021年5月18日 23:07 編集済

  • おおお~、元に戻った!!!
    よかった~!

    作者からの返信

    戻りました。そして戻った理由のもう一つは、姉妹編で明らかになります。

    2020年2月2日 20:24

  • 天変地異の前に人ができることってほとんど無いですが、伝承として真実が伝えられてきた……という感じでしょうか。色々あった外遊でしたが、若き王族たちの機転とがんばりで危機を収めることができて、良かったです(^^
    これで、両国の関係に進展が望めそうですね……。

    作者からの返信

    最後まで読了、お星様ありがとうございます。

    テーマを言ってしまえば、秩序とは何か、あると思っているモノの確かさとは、その信が揺らいだときの人身の危険とは……
    結局、すがる基準を求め、決めているのは誰か……といった問い、とでも言いましょうか。読者の方がどうお考えになるかな、はお任せしたいと思います。

    乱れの原因は姉妹編にありましたから(あとがきの通り)少し分かりにくかったかもしれません。
    最後までお付き合いありがとうございました!

    2020年1月27日 16:57

  • 天球儀も時計台もテハイザの宝の力で
    元の機能を取り戻したのですかね。
    テハイザパワーすごい。

    作者からの返信

    九乃カナさん

    天球儀はテハイザの宝、時計台は王女の機転と姉妹編もう一人の主人公の頑張りでした。
    こちらではわからないですね汗

    2020年1月7日 18:30

  • 星空が美しいです!

    作者からの返信

    ありがとうございます! 星空の写真を時々見ながら描いておりました。

    2020年1月7日 12:03