天空の標

作者 蜜柑桜

第三十六話 秘事(三)」への応援コメント

このエピソードを読む

  • あ! やはり!! そう、それを感じておりました。
    本当に毎話、「この先を読みたい!」と思わせる展開を用意してくださり楽しいです!!

    作者からの返信

    最後までお読みいただき、お星様もありがとうございます。
    妹にもいらしていただいたようで光栄です。

    2020年11月3日 11:17 編集済

  • ここまで一気に読みました。
    ほんとうの······想像以上に歳が上だったというのが引っ掛かってはいましたが。「まさかこの人?」と予想を立てながら、次へ進みます(笑)

    作者からの返信

    お星様ありがとうございます。
    推理しながら、どうぞ〜♪

    2020年2月8日 16:47

  • なるほどなるほど。
    でもカエルム殿下、それ以上ストレートにテハイザの国政に口を出すのは内政干渉になりますよね。

    あ、でもわざとやってるのかな

    作者からの返信

    わーごめんなさい! カエルム生意気な口ききすぎました。
    ゆうすけさん、鋭いです(作者が馬鹿なだけ)

    2020年2月2日 23:34

  • 何やねん、やっぱしこいつ偽モンやねんやんか。

    作者からの返信

    もうやるだけやってます相手も。

    2020年2月1日 21:29

  • やっぱりテハイザ王は偽物だったんですね〜!!!

    作者からの返信

    はい! 偽物でした。
    しかし真のテハイザ王に関しては皆さん、作者の意図せぬところで驚かれたようです。

    2020年1月23日 00:08

  • さぁさぁさぁ!
    (テンション上がりすぎて語彙消失

    作者からの返信

    ゆあんさんが語彙消失してくださった! 嬉しいです。さて、ラストまであと少しです。

    2020年1月17日 13:32

  • さぁ、当たるか、当たるか……ドキドキ

    作者からの返信

    ふふふ。どうでしょうかっ!

    2020年1月8日 22:59

  • 何と!じゃあ目の前の彼は一体……!?(;゚Д゚)

    作者からの返信

    この先、どうなるのか……今書いてます!

    2019年12月24日 23:43

  • ほんとうのテハイザ王殿下!?なんと、ミステリ的な展開は想定してませんでした。次が気になりますー

    作者からの返信

    良かった、驚いてもらえた……! 続き、ちょっと遅くなるかもしれません

    2019年12月24日 08:09

  • 思ったより年がいっているというのは伏線でしたか。
    誰かなー? 王様は。

    作者からの返信

    そこもですが、他にもヒントは隠しておきました。
    さて誰でしょうね、王様は。

    2019年12月23日 14:07

  • やっぱり。
    しかし、欺く理由までは分からないんですよね。
    まあ、テハイザ側も1枚岩では無いようですし、色々と混乱してるのかな?

    作者からの返信

    あやー、気付かれてしまってましたか。残念!!

    2019年12月22日 22:17

  • やはり!
    どうもおかしい感じしてましたけど、でもテハイザ王が出てこない理由が。。
    いや、もしかして既に!?

    作者からの返信

    わーん、みなさんに勘付かれました
    残念! まだまだですね。本物についてはまた…

    2019年12月22日 22:27

  • この王様、言葉や様子の節々を見ながらだんだんと愚王なのではと思って来ましたが、まさかの偽物!?Σ( ゚Д゚)

    元々良い扱いは受けていませんでしたが、他国の使者に偽の王を出すなどもっての他。
    どう言うことかじっくり聞かせてもらいましょうか。

    作者からの返信

    偽物でした。
    さてさて、理由はもう少し先になりますけれど、ようやく大暴れ?

    2019年12月23日 01:04

  • なんと傲慢な物言い。こんなの暴君じゃないですか(>_<)

    しかしカエルムの意外な一言。ほんとうのテハイザ王殿下って……。
    この人は偽物? そしてカエルムは、どこでそれに気づいたのでしょう(;゚Д゚)

    作者からの返信

    毎回ありがとうございます。
    読者の皆さんも気付く仕掛けは施してきましたー

    2019年12月22日 20:13