天空の標

作者 蜜柑桜

第十一話 始動(ニ)」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 黄色い光が気になる如月が通過します……。

    作者からの返信

    光は一体、なんなのでしょうね。暗示的です。(物語の中で全て語るとは限りません……)

    2020年2月1日 07:35 編集済

  • ほう。なるほど。
    ところでシレアもテハイザも週末という概念があるんですね。ということは宗教はやっぱりキリスト教っぽいのかユダヤ教っぽいのかなんですかね。

    作者からの返信

    ありましたねぇそんなの(遠い目)。
    あまり考えてはいませんでした。ただ、姉妹編の方を読んでいただくとちょっとわかるようになっておりますが、現実世界の歴史と接点はあります。
    のでそういうことにしておきましょう。

    2020年1月30日 20:31

  • この主従、いいですね。
    会話から関係性が見えてきます(o^―^o)

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    この二人の会話を書くのが一番楽しかったかもです。

    ルクトニアに関しても、お返事ありがとうございました。面白そうなので書籍買ってしまうかもです!

    2020年1月26日 13:48

  • ふふ。
    冒頭で糸のようだった月が「刃のよう」に。

    作者からの返信

    ありがとうございます。緊迫感でたようでしたら嬉しいです

    2020年1月25日 19:03

  • ずっと思っていたのですが、この主従の会話は、こなれているぶん、面白いです〜

    作者からの返信

    わあ、ありがとうございます。私もこの二人のやりとりを書くのが一番楽しいです

    2019年12月24日 17:50

  • 三日後には戻らなければいけないのに、謁見は上手くいっていなくて、問題が山積みですね(-_-;)
    祖国で見事な手腕を見せている妹さんも、まさかこっちでも大きなトラブルが起きていることまでは、予見できていなかったことでしょう(´∀`;)

    作者からの返信

    無月弟さま

    テハイザ側はまだまだ、闇の中ですね。妹の方は兄を信じ切っているのと、自国が手一杯でしょう……。
    兄と似たところもありますから、向こうでいろんな不思議に囲まれながらがんばっております。
    二話先からまだ加筆推敲が終わっておらず、おそらく随分とお待たせすると思います〜

    2019年10月15日 08:48

  • 謁見も上手くいっていないのに、更に国の問題まで重なってしまうとは、頭の痛い話ですね。
    カエルムに一見動じた様子はありませんが、ロスは心労が溜まっていそう。

    作者からの返信

    無月兄さま

    早速ありがとうございます。
    兄は動じませんね。腹の読めない人間です。
    ロスのご心配ありがとうございます! 大丈夫です。もう彼も慣れてますから(笑)

    我慢できずにアップしてしまいましたが、二話先からまだ加筆推敲が終わっておりませんで、おそらく随分とお待たせすると思います〜

    2019年10月15日 08:47