天空の標

作者 蜜柑桜

第六話 異事(三)」への応援コメント

このエピソードを読む

  • ひとまずここまで読みました。

    圧巻の一言につきます。
    質というのか、作品のレベルがとても高い!

    綺羅やかな地の文は、鮮明に情景を浮かべながらも分かりやすく纏められ、それらを物語の構築力がしっかりと支えている。

    とても素晴らしい作品です。

    なかなか最後まで読もうと決心する作品はないのですが、こちらは完結もされてるので最後までゆっくりと読んでいきたいと思います(*´ー`*)

    作者からの返信

    雄太郎様

    早速ありがとうございます! しかも嬉しいお言葉と、早々にお星様まで!
    このお話、やはり参加させていただきました「時の迷い路」とセット作品なのです。シレアを舞台にした「時」の方が先にできたお話で、二つで一つになっています(時〜はカクヨムコンに参加しようかと考えています)。
    単体で完結しますし、単体でも楽しんでいただいているようですが、二つで本当の完全体になる仕様ですので、
    もしお気に召しましたら、シレア国にもお越しくださいましたら幸甚に存じます。

    どうぞゆっくり、本当にごゆっくりお読みください。

    2020年11月1日 23:08

  • この子たちが味方になってくれるといいなぁ。

    作者からの返信

    さて、それはどうでしょうか……?

    2020年1月31日 23:46

  • なるほど、その国のことを知りたいならその国王ではなく国民に訊け、というヤツですね。さすが優秀だなぁ、王子!
    テハイザになにやら不穏な空気が流れている、というのはテハイザ国民も感じているのでしょうか? うむむ、続きが気になります!

    作者からの返信

    薮坂さん

    いつもありがとうございます。続き気になりますか? もう準備は出来ていますよ笑

    王子も、ロスがいなければやっていけない人です^_^

    2019年10月7日 18:38

  • 話を聞かれていたらどうしようかと思いましたが、どうやら大丈夫だったみたいですね。信頼できそうな青年でよかった。
    妹のスピカ共々、この兄妹は大臣なんぞとは違って仲良くしていきたいです(#^^#)

    作者からの返信

    コメント、いつも嬉しいです。
    スピカ、実は元々はいない登場人物でしたが、あまりに男ばかりなので出してみました。
    二人が兄妹かどうかは……次回をご期待ください。

    2019年10月7日 18:37

  • 二つの国で同時に起きた異変、やっぱり何か関連があるのでしょうか? 連絡が取れないと言うのがもどかしいです。

    美味しいものを食べて気分転換……と言うわけではないのでしょうね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    こっちの話には大々的に出てきませんが、関連しています。
    王女からの連絡にはタイムラグがあるし、なかなか難関ですね!

    2019年10月7日 18:36