天空の標

作者 蜜柑桜

第一話 入城(一)」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 「糸の如く細い月」と「地を蹴る馬の蹄ひづめの音」、そして「怯える娘」を想像しながら心臓をバクバクさせ読み進めました。

    情景描写、心理描写、すごいです! ワクワクドキドキハラハラ、そしてキュンキュン。面白いです!! 如月さんが強くおススメくださった「蜜柑桜さんのハイファンタジーは面白かった」の意味を既にここで知りました!
    (いえ、正確には第一話の「古伝万有譚」で鷲掴みにされておりますが)

    王子様ーーー!!!

    作者からの返信

    いえいえ、まだ面白いところまで行かない段階でそんなことをおっしゃらないでください。全く話が始まっておりませんゆえ……

    2020年11月2日 08:12

  • 詩的にゆらりと引き込まれる文体が魅力的です!
    そしてそれを彩るイケメソ様( *´艸`)

    作者からの返信

    読んでいただきありがとうございます。とても嬉しいです。

    文章、情景が目に浮かぶようになっていれば……
    イケメン君たちが出てきてます

    2020年2月20日 07:42

  • やだ、イケメン❤
    (明らかの他の読者の皆さんと違うアホ丸出しのコメントがスタートしました)

    作者からの返信

    テハイザにいらっしゃいませです。ありがとうございます。イケメンという設定の元、私の能力でどこまでイケメンになったかは読者様のご判断にお任せします。

    2020年1月31日 23:45

  •  コメント欄の過半が『海が太陽のきらり』企画で見た方だ〜。ボスまでいらっしゃるとは……。私、来るの遅かったんですかね?

     最後の方まで、日本の江戸時代のようなイメージをしてしまいました。このイメージは決して間違いではないですよね?

     文章力の高さがハンパない。先の企画の参加者のレベルの高さが思い起こされます。
     企画のときは、そういうものだと思っていたけれど、改めてオリジナルの小説を拝読させて頂くと、とんでもない文章力です。文章力だけ高くても、作品と合っていないと意味ないですが、本作は舞台と文章がぴたりとあってる感じ。

     読者選考期間も残り少なく、援護射撃にもならないですが、追わせて頂きます。 

    作者からの返信

    ありがとうございます。文はまだまだ、みなさんお上手ですよねー遠い目(^。^)
    舞台とあっている、嬉しいです。

    2020年1月27日 07:11

  • やっぱり兄皇子さまはイケメン♡

    ワタシは「兄皇子」を貫く!(我儘)

    作者からの返信

    奈月さんいらっしゃいませ。
    チャート企画、なかなか読みに回れず申し訳ない。
    そしてカエルムイケメンですか。人気高いです。作者はロス推しです!笑

    ありがとうございます。変換してお読みください。
    お楽しみいただければ幸いです。

    2020年1月25日 10:27

  • 冒頭で引き込まれました。
    こういう静かな始まりは大好物です。
    亀の如く速度でお邪魔いたします。

    作者からの返信

    ゆあんさん、早速ありがとうございます
    ゆあんさんに読んでいただけるの嬉しいですー
    兄は何をやっていたのか、のお話です

    2020年1月7日 08:58

  • はじめまして。序盤から始まる静謐な美しい文章に惹かれました。
    美男子さんは王子様だったのですね……

    作者からの返信

    はじめまして。テハイザへようこそ、ありがとうございます。
    王子様でした。なかなか庶民的でもある王子です。

    2019年12月12日 08:46

  • あらあら、王子様でしたのね(*´艸`*)

    もっとじっくりそのご尊顔を堪能しとけばよかった!!

    作者からの返信

    王子なんです。しかももうちょいで王様なイケメンです。少なくとも顔はイケメン。

    2019年12月11日 00:41

  • 前提知識なしで読みはじめ
    街灯? 時代小説、いつの時代?
    と思いながら読み進め、シレア国で
    外国の話だった!
    となりました。
    これは、カエムル様のお話になるのかな。

    月の表現ってむづかしい。
    つい、時間と月の出ている位置と満ち欠けが
    わからなくなるのですよね。
    頭の中でシミュレーションしてあてずっぽうで書いてしまいます。
    なにか星座早見表の月バージョンみたいなのあればよいのですけれど。

    作者からの返信

    いらっしゃいませ、テハイザへ! ありがとうございます。異世界ファンタジーですが、普通ファンタジーとはちょっとずれてるかもしれません。

    月の周り方はおもしろいですよね。今日の月齢とかのサイトを見たりしています。

    2019年11月29日 22:15

  • やっぱり蜜柑さんのリーダビリティはすごいですね。ありありと情景が浮かぶようで。お手本にさせてもらいます!
    続きも待ってますね!

    作者からの返信

    薮坂さん

    いつもありがとうございます! お褒めのお言葉、光栄です〜♪
    こちらはかなりゆっくり更新になります。男ばかりでσ(^_^;)
    もし気が向きましたら、妹編共々楽しんでいただけたら嬉しいです。続きは今日の夜です〜♪

    2019年9月27日 18:44

  • 王子様サイドのこのお話待ってました!!(๑>◡<๑)
    楽しく読ませていただきます

    作者からの返信

    藤咲さん♪
    ありがとうございます〜やっと兄さんのお話です。ゆっくり目の更新なので、暖かく見守ってくださいー(^^)

    2019年9月27日 10:52

  • 新作発表おめでとうございます

    やっぱり作風素敵です

    それに比べて私は…うわぁぁん😭😭

    これからも楽しみにしています

    作者からの返信

    あいるさん

    ありがとうございます。お褒めに預かり光栄です! こちらは男性陣が活躍のお話、ゆっくり更新になります。一方、姉妹作の「時の迷い路」は女の子の活躍と恋愛要素いりです☆
    もし良ければ完結済みの方もどうぞです( ´ ▽ ` )ノ

    2019年9月27日 10:55

  • 王子様⁉ しかもついこないだ王が崩御したってことは、次期国王なのでしょうか?

    そんな方がいったいなぜここに。
    知っていたら、もっとそのお姿を目に焼き付けていたかもしれませんね(`・ω・´)+

    作者からの返信

    無月兄さま

    コメント、フォロー、応援ありがとうございます!
    そうなのです。国王崩御、母后崩御については、姉妹作の方に書いたのですが、彼は即位式前の外遊中なのです。

    ゆっくり更新になりますが、お楽しみ頂けましたら幸いです。
    対照的に女の子の活躍する姉妹作も、もし気が向きましたらどうぞ。

    2019年9月27日 11:00

  • えっ、王子様だったのですかΣ(゚Д゚)
    どおりで気品あふれる方だと。娘さん、知っていたらもっとよく目に焼き付けていたかも? もしくは恐れ多くて、直視できなかったかもしれませんけど(#^^#)

    作者からの返信

    無月弟さま

    フォロー、コメント、応援とありがとうございます!
    王子様だったのでした。
    即位式前のお話です。どうやら相当なイケメンのようです笑

    ゆっくり更新になります。もし良ければ、完結済みの姉妹作共々、お楽しみ頂けましたら幸いです。

    2019年9月27日 10:57 編集済