タイム・ラグ

作者 羽間慧

37

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

以前から、短編の中に巧みな構造を組み込み、感動を届けてくださった羽間慧さんの最新作です(2019/10/11現在)。

「告白」という王道的な具材を扱いながらも、「どうしてタイムスリップ要素が必要なのか」という料理の仕方が実に巧みです。
焦点が当てられているのは、主人公の高校時代と大学時代。これだけでも十分興味を惹かれる年代ですが、そこに「告白」を持ってきたのが憎いですね(笑)

そこで描かれる、「進路を目指す姿勢」と「後悔」。未来ある世代を描く上で、実に素晴らしいチョイスです。それをここまで繊細に描き、「あのラスト」に持っていくのは、読者側からすればまさに想定外。

実に美しいストーリーラインとエンディングでした。

★★★ Excellent!!!

時間というものは、過去から現在、そして未来へと一方通行で流れていくもの。
過ぎ去った過去は変えられませんが、未来は「今の自分」が変えることが出来る。
ある意味これは、そんなお話なのです。

良い未来を迎えるためには、「今」をがんばるしかない。彼女はどう「今」を頑張ったのか。是非ともその目で、確かめてみて下さいね!