ネットで見つけたストーカー【カクヨム甲子園バージョン】

作者 無月兄

76

27人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

昔の人たちが怪異と出会ったのは、人里離れた山や森という異界です。
しかし、時代とともにそういった自然は破壊されてしまいました。
とはいえ、怪異たちが棲みかとともに姿を消したわけではありません。
いまヤツらは、ネットという新たな異界に潜んでいるんです。
そして、昔の人たちにとっての山や森より、私たちにとってのネットのほうがはるかに身近にあります。
つまり、昔の人たちより私たちのほうが危険ということになるのでは……?

こんな考えが浮かんでしまう、Twitterにまつわる怖い話でした。

★★★ Excellent!!!

作者様が以前書かれた「ネットで見つけたストーカー」の、読む人の心に謎と怖さを置き去っていくストーリーが印象的だったのですが、今作ではその謎の先が描かれています。

本当にありそう、そして自分もある時ふと関わってしまいそう…… という、新たな恐怖を味わわせていただきました。

★★★ Excellent!!!

スマホ世代、SNS世代ならではの新しい恐怖と申しましょうか。
旅先の写真や自撮りなどをSNSに上げる、多くの人が何気なく行なっていることだと思います。
このお話ではとあるブログを見ていた主人公がブログ主があげた写真に必ず写り込んでいる全身赤い格好の謎の男に気がつくのですが、そこからの主人公の迷いや悩んだ末の指摘の仕方がとてもリアルなのでついつい感情移入してしまい…
そのため、ラストにはヒェッと肝を冷やされました。
是非ともご一読をば!

★★★ Excellent!!!

SNSが趣味の主人公。なにげない日常のひとコマを投稿したり閲覧したりして楽しんでいる。ある日、いつものように閲覧していると、掲載されている写真におかしな人物が写っていることに気がついて……

誰でも簡単にプライベートを発信できる現代。起こりえるかもしれないリアルな恐怖と得体の知れない恐怖。ネット社会ならではの恐怖が迫ります。つぎの目撃者はあなたかもしれません。心してお読みください。