俺はお前のこと……

「二菜はやらない……だと……お前……!」

「おっと、待てよイケメン」

「イケツラだ!」

「どっちでもいいよそんなもん……ちょっと回り見てみ?」

「何……?」


 周囲を見渡すと、興味深そうにこちらを見ている視線が集まっていた。

そりゃそうだろう、一人の女の子を巡っての言い争いなんて、格好のネタだ。

しかもその女の子は、後から来た男の背中に隠れるような形になっている。

どう考えたって、イケメンの側に問題があるように見えるだろう。


「どうする? まだ続けるか?」

「くっ……!」


ぎりっ、と歯軋りが聞こえそうなほどに、往面が悔しがっているのが分かる。

なんでこいつ、ここまで二菜にこだわるんだ……?


「……わかった、これ以上の注目は俺も本意じゃない、今日はひくよ」

「今日だけじゃなく今後もこいつに関わるな、俺は絶対お前を認めない」

「それを決めるのはお前じゃない……天音さんだ」


 そういうと、俺から目線を外し、二菜に近づこうとする。

おっと、近づかせるわけないだろ?

そんなに睨まれても、どくわけないだろ?


「ごめんね、天音さん……怖がらせたいわけじゃなかったんだ」

「……そうですか」

「今日はこんな終わりになっちゃったけど、今度は正式に、デートに誘わせてもらうね」

「え、いりません」

「ははは、照れなくていいよ……また、学園で」

「心の底からいらないんですけど……」


 ――――あ、ダメだ、こいつなんにも分かってないわ。

なんで二菜が相手になると、言葉が通じなくなるんだろうね?

それにしても……。


「……はあぁぁぁぁ……つ、疲れた……」

「先輩、ありがとうございました……」

「いや、いいよ、あれは俺も悪かったわ」


まさかあそこまで強引な手を取ってくるとは思わなかった。

なんやかんや言いつつも、あいつもそこまでするとは思っていなかったのだ。

……いや、一度無理矢理二菜の手を取り、教室内に引き込もうとした事があったので、もしかすると片鱗はあったのかもしれない。

今後は、もっと気をつけないといけないだろう。


「学校始まっても、お前もう絶対うちの教室来るなよ」

「わかってます、さすがに今日のあとだと、怖いですし」


ほんとかよ……こいつ、前々から来るなって言ってたのに来てたからなぁ。


「……そう言いつつ来そうなのがお前なんだよなぁ……はぁ……わかった、俺から行く」

「え?」

「だから、昼は自分の教室で待ってろって言ってんの」

「迎えに来て……くれるんですか?」

「そう言ってんだろ?」

「……くふふ、いいんですか? 勘違い、されるかもしれませんよ?」

「もう今更だろ……」


そう、今更なのだ。

結局、俺が自分たちの関係を認められなかっただけで。

認めてしまえば、ああそんなものか、と思えてしまうのだから不思議なものだ。


「と、ところで先輩、さっきの『俺の二菜はやらない』についてですけど――」


その時、遠くでドン! と音が鳴った。

どうやら、花火が始まってしまったようだ。


「お、花火が上がりだしたみたいだな! ったく、場所取りしてないのに……」

「先輩! は、花火も大事ですけど、もっと大事な事が……!」

「それは後だ後、花火終わっちゃうからさ……ほら」


そういうと、二菜に向けて手を出した。

俺から、二菜の手を取るように動いたのは初めてではないだろうか?

その手を見た二菜が、ぱちりと瞬きをしたかと思うと、ぼっと頬を染め……


「よ、よろしくお願いします……」

「おう」


そうして、俺たちは歩き出した。

もう、絶対に離れないよう、お互いに強く手を握りながら……。


 * * *



「わぁ、綺麗ですね先輩……!」

「やっぱこうやって生で見る花火は別格だなー!」


空を覆いつくすように広がる、色とりどりの鮮やかな光に、俺たちは目を奪われていた。

すぐ近くで上がっているので、こちらまで火の粉が飛んできそうな気がするほどだ。


 ドン! と音がするたびに、空に大輪の花が咲く。

ちらりと隣の少女を見ると、魅入られたようにぼう……っ花火を眺めていた。

そして俺は、そんな花火を映す二菜の綺麗な青い瞳に吸い寄せられるように、魅入られてしまう。


(花火よりも……綺麗だな……)


ぼうっと横顔を眺めていると、流石に視線に気付いたのか、二菜が俺に視線を移した。


「どうしました、先輩? 花火、見ないんですか?」

「花火もいいけど、二菜の横顔が綺麗だなって」

「えっ……ええっ!? きゅきゅきゅ、急にど、どうしたんですか!?」


 あっという間に耳まで真っ赤にして、目線をきょろきょろとさせる二菜を見て、思わず笑ってしまう。

こいつは、自分から好きだのなんだの言うのは全然平気なのに、こうやって攻められるとすぐふにゃふにゃになるんだよなぁ……。


「な、なんで笑ってるんですかー!」

「いや、可愛いなって」

「かわ……っ!」


ああ、だめだ、ほんとに可愛い。

なんで俺、今まで気がつかなかったんだろう?


「なぁ、二菜」

「はい……」

「俺さ、ずっとお前と俺の関係ってなんだろうなって思ってたんだ」

「っ! は、はいっ……」

「春からずっと一緒にいたから、見えなくなってたのかな? でも、今日やっと気付けたよ」

「せんぱい……それって、もしかして……」


二菜の綺麗な瞳が、潤んでいるのがわかる。

さっきとは違い、悲しい涙で潤んでいるんじゃない。

俺は……俺は、そんな二菜を……。


「俺! お前のこと……妹みたいに思ってたんだ!!」

「先輩! 私も先輩のこと……はい?」


ドン! と、ひときわ大きな花火が上がった。

その花火を見た観客たちのキャー! という歓声が、あちこちで上がる。

そして俺の目の前には、ぽかんと口をあける二菜が……。


「おいおい、口開いたまんまだぞ、可愛い顔が台無しじゃないか」

「……ん? あれ……え? あ、あはは……先輩、ちょっと意味ガワカラナイデス……」

「いやー、すごいスッキリした! 俺兄弟とかいないからさぁ!」

「はぁ……」

「従姉妹はいるんだけど、年に1回2回しか会わないし!」



 千華おば……おねーさんのとこのあいつらはなんていうか……そういう風に見れないっていうか。

多分小さい頃、散々いじめられたせいだろうなぁ……。

あ、思い出したら泣きそうになってきた。

ぱんつ脱がされたり、プロレス技の練習台にされたり……酷いもんだまったく。


「あのー……さっき、二菜って……」

「え、そんなこと言ったっけ? ……二菜? 二菜?」

「あれ……あれ?? なんか、大分印象が変わるような……」

「さっきはほんとにキレそうになったけど、そりゃ可愛い妹を、あんなヤツにくれてやるわけにはいかないもんなぁ」


あの時湧いた怒りの感情は、恐らく二菜に対する保護欲から出たのだろうと、今なら思う。

自分の家族、それも可愛い妹に無体を働くなんて許せるわけがない!


うんうん、と納得する俺と、呆然と立ち尽くす二菜を、続いて上がった花火が照らす。


「はー、スッキリした……二菜、これからもよろしくな!」

「な……」

「?」


「なんでですかーーーーーーーーーー!!!!」


 その日。

今年のお祭り、最後にして一番の特大花火が上がったその時。

間違いなく今年一番の「なんでですか」が、会場中に響き渡った……。




 *


「妹みたいに思ってる」なんて言って誤魔化したけど……。

言えるかよ、今更。


一人の女の子として、お前の事が大事だ、なんて。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます