俺と彼女の変わらない日常

 鼻歌を歌いながら、トントンと軽快なリズムで包丁を振るう二菜を、俺は後ろからぼーっと眺めていた。

 これが漫画の世界のカップルなら、後ろから抱きつきにいく場面だろうか?

 まぁ、俺たちはそういう関係じゃないし、たとえそういう関係でもしないけど。


 ちなみに、俺が二菜を手伝って料理をすることはない。

 一度手伝おうとして酷い目にあった経験があり、アレ以来、洗い物以外することを禁止されているのだ。

 ちょっとフライパンを焦げ付かせただけなのに、酷い話である。



「なんか……いつも通りだなぁ」

「え、なんですか急に?」

「いや、昨日あんなことがあったのになって」


 正直、両家両親が揃ってご挨拶ーなんてやったら、間違いなく何かが変わると思っていた。

 しかし結果的に、今までの生活となんら変わらず、朝から二菜は俺の部屋にいるし、今もいつものように、夕飯の準備をしている。

 そう、本当にいつも通りなのだ。


「くふふっ、そう簡単に変わったりしませんよ」

「そうなのかもなぁ……」

「それとも、変わったほうがよかったですか?」


 二菜が振り返り、真剣な瞳で俺を見てきた。


 そう、俺たちは変わろうと思えば、変わることは出来た。

 母さんから、そのキッカケは与えられていたのだ。


「二菜は変わりたかったのか?」

「もー、質問を質問で返すー!」

「いや、気になったもんで」

「うーん……そうですねぇ……お義母様みたいに、先輩と同棲ってのも憧れますけど……」


 そう、母さんたちのように、だ。

 どうも母さんと七菜可さんは本当に色々と乗り気なようで、もし希望するならば今誰も住んでいない俺の実家を開けて、二人で住んでもいい、と勧めてきた。

 そう、父さん母さんと同じく、同棲を強く勧めてきたのだ。


 おい母よ、なんでそんなキラキラした目をしているんだ。

 七菜可さんは七菜可さんで、あんた自分の娘が心配じゃないのか!?


 これに二菜のお父さんがぎょっとした顔をしていたのには、ちょっと笑ってしまった。

 あと、父さん。

 昔を思い出したのか、若干遠い目をしていたのが不憫で、少し気になった。

 一体過去に何があったんだよ父さん……!


「まぁ、結果的に断ったんだけどな」

「私は今の生活のまま、先輩に好きになってもらうって決めましたからね!」

「さよか」

「くふふ! 絶対、先輩に好きだ、って言わせて見せます!」

「おう、好きだぞ二菜」

「もー! 全然心がこもってないっ!」


 ぷくーっとふくれっつらをするのも、いつも通りだ。

 それを見て、本当にいつも通りだなぁとほっとすると同時に、くつくつと笑ってしまう。


「ま、俺も今の生活、無理に変えたいとは思わないかな」

「くふふ! 私と先輩、やっぱり同じ気持ちだったんですね♡」

「お前と一緒に生活なんて考えただけで、精神が擦り切れてボロボロになりそうだ」

「もー! なんでですかー!!」


 だって仕方ないじゃないか、俺はまだ悟りが開けていないんだ。

 せめて、俺の寺修行が終わるまでは勘弁して欲しい。


「それに、ぶっちゃけ今も大して変わらないからなぁ……」


 結局、同じ屋根の下で寝起きするかしないかの差だけなのだ。

 それなら俺は、今の変わらない、こいつとの生活を選ぶ。


「くふふっ! まぁ、それもそうですよねー!」


 二菜はそういうと嬉しそうに小さく笑い、フライパンを振る作業に戻った。

 あー、今日の晩御飯も、もうすぐだなぁ。


 ぐー、となる腹を押さえ、俺の意識は今日の晩御飯のメニューへと移っていったのだった。


 * * *



「さて! 夏休みも残す所わずかとなったわけですが!」

「そうだなぁ……学校が始まるの……憂鬱だなぁ……」

「もー! テンション上げていきましょうよー!」

「無理……」


 お盆が明けてしまうと、夏休みの残り日数がリアルな数字として迫ってくるのだ。

 毎年、この時期は憂鬱で憂鬱で憂鬱で……。


「もうマジ無理永眠したい……」

「永眠!? や、やめてくださいよ私たちまだちゅーもしてないのに!」


 つまり、ちゅーしたら永眠してもいいということだろうか?

 まぁしないんだけど。

 いや、しないよ!?


「こほん! それで、夏休みも終わりますが、私たちまだやってない事があると思うんです!」

「やってないこと? ……なんかあったっけ?」

「ありますよぉ! ほら! 大事なイベントがあるでしょう!?」


 夏といえばの大事なイベント……なんだ……夏といえば……?


「あっ! わかった!」

「!! わかってもらえましたか先輩!」

「朝顔の観察日記か! なんだよーお前身長だけじゃなく中身も小学生だなー!」

「ちーーがーーいーーまーーすーー! もー! なんでですか誰が小学生ですかー!!」


 違ったようだ。

 おかしい、夏休みといえばラジオ体操と朝顔の観察日記ではないのだろうか?

 ああ懐かしの観察日記、持って帰って一週間後には水をやりすぎて枯れてしまい、「枯れました」で終わった俺の観察日記……。


「夏といえばお祭りじゃないですか! 私たち、どこのお祭りにも行ってないんです!」

「夏祭りかー……そういや、今年は行ってないような……?」

「そうなんです! 恋人との夏のイベントといえばプール! 海! 夏祭り! ですよね!」

「なるほど、なら別に恋人でもない俺たちは行かなくていいんじゃないか?」


 はぁ、恋人のイベントならば大丈夫だ。

 あんな人混みに行くなんて勘弁して欲しい、俺は出来ればインドアな夏をすごしたいのだ。

 エアコン万歳、愛してるよエアコン。


「えー! 行きましょうよぉ夏祭り! これ逃したら来年まで花火見れないんですよぉ!?」

「えー……でもそんな恋人イベントに行って、クラスのみんなに噂されたら恥ずかしいし……」

「またそういう間違った乙女な事言うー!」


 行きたくないものは行きたくないんだ、仕方ないだろう。

 残りの貴重な休み、俺はバイト以外は引きこもっていたい……!


「先輩お願いします! 行ってくれたら何でも言うこと聞きますから!」


 ……なんでも、だと?

 その言葉に俺は、弾かれるように反応した。


「……今、なんでもって言った?」

「……え、な、何でもとは言ってないです」


 ついっと俺から目を逸らしたが、俺は聞いたぞ。

 ふふふ、何でも言うことを聞いてくれるのか……なら……!


「え、えっちなお願いは今はダメです!!」

「音琴の誕生日プレゼント選ぶの手伝ってくれ!!」

「え?」

「え?」

「音琴先輩の……誕生日プレゼント」

「……何、えっちなお願いって」


 ぼんっ、と音が出るかと思うほど、二菜の顔がかぁーっと一気に赤く染まっていく。

 何、俺がそんな事すると思ったの?


「ぷ……くくっ……お前この前、襲ってもいいとか言ってたくせに……くくっ……!」

「あ、あれは、私にも覚悟を決める時間が……っもーっ! そんな事言う先輩、嫌いです!」

「ああそうか! くくく……っ! 俺は好きだぞ、二菜……っダメだ腹痛い!」

「も、もーっ! 音琴先輩のプレゼント選びでお祭り一回、約束ですからね!」

「ああ、わかったわかった!」


 これ以上笑っていると後が大変そうなので、笑いを止めよう……としたものの

 やはりどうしても止める事が出来ず、この後、二菜の機嫌を取るために大変な想いをしたのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます