一日の終わりは寂しいものです

「お前……こんなもんカバンに入れてたのか……」

「えへ、遊びに行くってことですし、張り切って作りすぎちゃいました!」

「そりゃ、こんだけ詰め込んだら重くもなるだろうよ」


 五百里たちと合流し、昼をどうしようか……と相談する俺たちに提供されたもの。

 それが、今俺たちの前に鎮座する、3段重ねの重箱……二菜手製の弁当だった。

 何が入ってるんだと思っていたが、こんなもんがカバンに入ってたら、そりゃ重くもなるわなぁ。


「いやー、二菜ちゃんマジで半端ないわ……」

「いつも一雪のお弁当作ってたから、出来るのは知ってたけどね」

「二菜ちゃんは一雪なんかには勿体無いわね……うちの子にならない?」

「いえいえー、私は先輩一筋なのでっ♡」

「言ってろ」


 からあげを口に放り込みながら、ニヤニヤとする音琴たちを睨みつける。

 ――うん、味が染みていて、非常に俺好みの味付けだ。

 おにぎりも昆布、梅、かつおとバランスのいい取り合わせで文句の付け所がない。

 二菜め、また料理の腕を上げたな……?


「それにしても、美味しそうに食べるね」

「ああ、旨い、お前らももっと食え、から揚げがおすすめだぞ」

「なるほど、一雪はこういう味が好きなんだね?」

「よくわかったな?」

「そりゃわかるよ……ねぇ?」


 音琴と目線を合わせ、二人で嬉しそうに笑っているのが妙にイラっとくる。

 なんだよ、その二人で私たち、わかってますから! って雰囲気。

 このリア充どもめ、悉く爆発してしまえ!


「あんた、もう完全に胃袋つかまれてるわねー」

「私のお婆ちゃんが言っていました……男の子を捕まえるなら、まずは胃袋を捕まえるのよ、と」

「二菜ちゃんのお婆ちゃんはいい事言うわね、私も練習しようかしら?」

「香月先輩も喜びますよ、きっと」


 二人の美少女が笑いあう姿は、遠目から見る分には非常に尊いものだ。

 だが、話している内容が物騒すぎて酷い、なんだ胃袋を捕まえるって。

 二菜んとこの婆ちゃん、恐ろしいことを教えるなよ……!


「五百里も……なんていうか、大変だな」

「いいんだよ僕は、六花のそういうところも好きだからね」

「へーへー、ご馳走様でしたっと」


 こいつらを見ていると、ほんと胸焼けするわ……!

 俺は五百里から目を逸らし、楽しそうに遊びまわる、他のリア充グループを見つめるのだった。


 * * *



 昼を食べた後は、4人で一緒に行動することになった。

 午前中は結局、流れるプールを流れただけだったので、他にも行っていないプールは多いのだ。

 波のプールも入っていない、競泳用で泳ぐこともしていなかった。

 そして、何よりも……。


「一雪! ここに来て、名物のアレに行かないなんて言わないわよね!?」

「……アレか……出来れば勘弁して欲しいんだが……」

「? アレってなんですか先輩?」

「ああ、二菜ちゃんはここに来るの、初めてなのね?」

「ですね、流石にこんなところまで来るの、お母さんが許してくれなかったので」


 なるほど、ならば二菜が知らないのも無理はないだろう。

 昨年、五百里と俺が散々連れまわされ、酷い目にあわされた例のアレ。

 ……五百里に関しては、午前中に十分つれまわされているが……。


「じゃあ、なおのこと一雪、アレに絶対行って貰うわよ!」


 ビシッ!と音琴が指をさした方向にあった、アレ。



 高低差はおおよそ40メートル、長さ280メートル。

 ビルにすると約10階に当たる高さからスクリュー状にうねるチューブの中を滑走し、スピーディに変化する景観を楽しむ事が出来ると話題の、このプールの目玉。

 超巨大、ウォータースライダーである。


 なおこのスライダーには、23mの高さから60度の傾斜を急降下するシンプルなスライダーも併設されている。



 ……まぁ、ここに来るんだから、一度はあれに行くことになるとは思っていたけどさぁ。


「先輩先輩! 凄いですねアレ! 早く行きましょうよ!!」

「ああ、そうだな……」

「あれ、なんかテンション低くないですか? ……あー、もしかして……くふふ! 怖いんですね!?」

「ばーか、ちがうよ」


 ただ、去年を思い出して、憂鬱になっただけだ。


 ――今でも夢に見る、去年の惨状。

 何度も何度も笑いながらループする音琴、ダウンしている五百里、連れまわされる真っ青な顔の俺……あ、なんか思い出しただけで気持ち悪くなってきたかも。


「二人でいけるから、私と五百里、一雪と二菜ちゃんとに分かれましょ」

「了解しました、音琴先輩!」


 俺はちらっ、と、隣にいる二菜を見た。

 うわぁ、大きな目をキラッキラに輝かせて、期待に胸を膨らませてる……!

 これは、行きたくないとか言い出せないよなぁ。


「くふふ! 先輩、楽しみですね!」

「そうだなぁ、楽しみだなぁ……」

「大丈夫です、私がついていますから、何も怖くありませんよ!」

「ありがと……」


 二菜がいい笑顔とサムズアップで、俺を安心させようとしてくれているのがありがたい。

 俺は、生まれてこの方、これほど安心感のないサムズアップははじめてみたよ……。


「それじゃーいくわよー!」

「おー!!」

「「おー……」」


 テンションをこれ以上なく上げていく女子とは逆に、テンションが下がっていく男子二人。

 そんな俺の腕を取り、ぐいぐいと引っ張っていこうとする二菜。


 願わくば。

 俺たちだけでも、1周で終わりますように。

 そう、願わずに、いられなかった。



「先輩、楽しみですね!」

「お前はほんと、いつ見ても楽しそうにしてるよなぁ」

「楽しいですよ、私は今、毎日が本当に楽しいです! それも全部、先輩のおかげですね!」

「なんで俺?」


 俺、なんかやったか?

 いっつもメシ食わせてもらってる、くらいしか思いつかないんだが……。


「先輩の事を好きになったから、毎日が楽しくて、キラキラ輝いてるんです!」

「……さよか」

「はい! なので先輩、私とお付き合いしてください♡」

「せっかくのお誘いにも関わらず心苦しい限りではございますが、今回はお気持ちだけ頂戴いたします」

「もー! なんでですかぁー!!」


 ふん、と不機嫌そうに鼻をならし、二菜から目線を逸らす。

 ……この角度なら、俺の顔が少し赤らんでいるのもわかるまい。

 いつの間にか、まるで灼熱地獄のようだった暑さも和らぎ、涼しげな風が吹き出してきている。

 気温の変化と共に、今日というこの時間の終わりが見えたことに、少しだけ。

 ……少しだけ、寂しさを感じた。



 なおこの後、しっかりスライダーをループさせられ、俺と五百里はダウンした。

 女の子二人はピンピンしていたので、俺たちが情けないだけである。哀しい。

 二菜に背中からがっしりとホールドされ、何度も滑ったあの感触は、嫌でも夢に見そうだな……と思いました。


 * * *



「あー……疲れたなぁ……」

「でも、楽しかったですね、先輩!」


 ぐー……っと背伸びをし、体のコリをほぐすように動かす。

 久しぶりに運動したので、体が物凄くダルいが、嫌なダルさではない。


「それにしても、先輩って意外と泳ぐの上手いですよね」

「なんだ意外って、俺が泳げないとでも思ったか」

「いえ、まさか香月先輩より泳ぐの速いとは思わなかったので……」

「ふん……」


 そう、俺が唯一、五百里よりも上だ、五百里にも負けない、と胸を張って言えること。

 それが、水泳なのだ。


「小学生の時、近所に住んでる年上のお姉ちゃんに教えてもらったんだよな……速く泳ぐ方法」

「…………」

「おかげで、今でも五百里と対等以上に遊べるんだから、ありがたいよ」

「その人、先輩の初恋の人ですね?」

「はぁ?」


 何を言っているんだ、こいつは。

 俺の初恋の人? そんなんじゃない、あの人は俺の先生、ただそれだけだ。

 それに……。


「あの人は、その時もう年上の彼氏がいたんだ、俺が好きになるわけないだろ?」

「ふーん、ふーん。まぁ、先輩がそういうならいいですけど?」

「なんだよ……つーか初恋くらい、誰だってあるもんだろ?」

「言っておきますけど! 私の初恋は、先輩ですからね!」

「さよか」

「むっ! 信用してませんね!?」

「あーはいはい、そうだね、信用してるよ」

「もー! 全然信用してないっ!」


 ぷくっと頬を膨らませ、少し前を歩き出す二菜を見て、思わずぷっ、と噴出してしまう。

 そういやこいつ、初めて会ったときに一目ぼれしただのなんだのと言ってたなぁ。

 あの設定に、さらに初恋の相手が自分だった、まで加わったわけだが。


 これからこの設定、どこまで膨らんでいくんだろうな?

 前を歩く、ひょこひょこ揺れる二菜の頭を見ながら、これからの生活に思いを馳せるのだった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます