えっ、これもらってもいいんですか!?

 というわけで。

 今日は天音を先に帰らせ、天音へのプレゼントを回収に来ていた。

 なにをプレゼントするかについては音琴に相談しており、

「まぁ、一雪が選んだにしては悪くはない」

 とのお言葉を頂いたので、ひとまず安心してもいいだろう。

 ……大丈夫だよな? 一応、女の子目線のアドバイスだし……信じるぞ音琴!?



 ……そういえば、あの時何か気になることを言ってたような……。


『それにしても文房具ねぇ』

『これなら、授業でも家でも使えて邪魔にもならないしいいだろ?』

『常に自分の存在を身近に感じてほしい、って独占欲の現れってやつね』

『ははは、一雪もなかなかやるじゃないか』

『そんな事1ミリも考えてなかったわ』


 なんだこの恋愛脳。

 ただ文房具もらえたら嬉しいよねってだけがどうしてこうなる。

 本当、リア充たちは俺にはよくわからない思考回路してな……!


『ただ、一つ心配があるのよね……』

『なんだよ、不安になるその言動』


 もしかして、値段か? 値段が足りなかったのか!?

 だがこれ以上のお値段は、一介の高校生には辛いものがある。

 申し訳ないが、これで我慢してほしい!


『いえね、あの子一雪に貰ったもの、使えるのかなって』

『……使うだろ?』

『これまでの言動を見てると、神棚にでも飾りそうな気がして……』

『はは、流石にそれはないだろ!』



 ないよね?


 ***



 その日の夜。

 いつも通りの夕食後。


 今日の夕食は、いっそ違和感を感じるほど、いつも通りの夕食だった。

 メニューは鰤の照り焼き、ほうれん草の御浸し、しめじのお味噌汁と

 誕生日ってなんだっけ? と思わざるを得ない地味なメニューで……家庭的なメニュー、いいよね。

 しかし、ケーキの一つもないのはどうかと思うよ?

 失敗したなぁ、こんなことなら買ってくればよかったかもしれない。


 それにしても、天音は自分の誕生日とか忘れてるのか?

 自分からも言い出さないし……俺の知ってる天音なら、自分から言い出してもおかしくないのになぁ。


 洗い物を終え、天音へのプレゼントを持ち部屋に帰ると、ぼーっとテレビを見ている天音がいた。

 何が面白いのか、ねこがただ歩いているのを解説するだけの番組だ。


「面白いのか?」

「うーん……面白いのか、と聞かれると……可愛いですね」

「お前、猫好きなの?」

「はい、好きですね。流石に飼うのは無理なんで、諦めてますけど」

「ふーん」

「ほら見てくださいよ! 子猫がカメラマンの人に近寄って……はぁ、可愛いなぁ……」


 そうか、天音は猫が好きだったのか。

 俺って、ほんとこいつの事なんも知らないんだなぁ。

 これからは、ちょっとずつでいいから、天音の事を知ったほうがいいのかもしれない。


「先輩、どうしました?」

「いや、なんでもない……ほら、これやるよ」

「? なんですか、これ?」


 そう、膝の上に載せてやると、天音はなんのことかわからない、と目を瞬かせ、不思議そうな顔をした。

 あ、これなんのことかほんとに分かってない顔だな……。


「今日、お前誕生日なんだろ?」

「……先輩、私の誕生日……知ってたんですか?」

「五百里と音琴から聞いてな、て言うかお前も言えよ、言わなきゃわからんまんまだっただろ」

「いやー……はは、自分から誕生日なんです、なーんて言うと、催促してるみたいに聞こえるかなって」

「まったく、変なところで気を使うやつだな……毎日世話になってんだから、それくらい催促に入んねぇよ」


 そういうと、天音が上目遣いで、表情を綻ばせる。

 う、やば、今の表情はちょっと可愛いかったな……。


「ありがとうございます……大事にします! あけてもいいですか?」

「もちろん、お前にやったものだからな」


 頷いてやると、天音が丁寧にラッピングを解いていく。

 一応、五百里と琴音にも確認は取ったし、大丈夫だとは思うけど、女の子にプレゼントするなんて初めてのことだし、緊張するな……。


「わぁ……」


 中から出てきたのは、化粧箱に納められた、ピンクゴールドのちょっとオシャレなボールペンだ。

 事前に注文することで、名入れ対応もしてくれるというので、天音の名前を刻印してもらっている。

 これならば、プレゼントとしても重すぎず軽すぎずでちょうどいいだろう。


「可愛いデザインですね……!」

「それなら、普段からでも使えるだろ?」

「ありがとうございます、嬉しいです! 家に飾っておきます!!」

「いや使ってね?」

「えぇ……先輩からの初めてのプレゼントですよ!? 神棚に飾らないと……!」

「そういう風に使うもんじゃないから、それ!」

「えー……もったいなくて使えませんよぉ……」

「普段使いして欲しくて贈ったものだから……!」


 音琴が心配してたのと、全く同じ事言ってるんだけど!

 え、これは音琴が凄いの? それとも、天音の行動が読みやすいの? どっち!?


「くふふ……でも、ありがとうございます、凄く嬉しいです!」

「喜んでもらえて何よりだ」

「これで、授業中でも先輩が身近に感じられますね♡」

「あれっ、やっぱりそう考えるものなの!?」


 もしかして、俺の考え方が枯れ果てすぎているんだろうか?

 わからん、今時の高校生の考え方が、俺にはもはやさっぱりわからない!


「はー、嬉しいなぁ……先輩から貰った、って自慢しちゃお!」

「おいおい、誰に自慢するんだよ」

「え、クラスの女子で作ってるLINEグループとかインスタとか?」

「お前、そんなことしてたのか……」


 なんか、時々写真とってるのは知ってたけど、まさかそんな事をしているとは。

 てっきり、どこかへの報告用で写真を撮っているとばっかり。

 だって、何か食べてるときに写真撮るのが多かったからさぁ!


「くふふ、今年の誕生日は、今までで一番嬉しいです!」

「あー……その、うん。 誕生日……とは別なんだけど」

「? はい」

「こっちもやる」


 もう一つ、紙袋を天音に手渡す。

 これは夕方、音琴たちと別れた後に見つけたものだった。

 一目見たときからどうしても天音が頭にチラついて離れなくなり、追加で購入したものだ。

 ……これについては、誰にも相談していないので、どう思われるかが心配だった。

 はぁ、緊張する……!


「えっと……これも開けてもいいんですか?」

「ああ、いいぞ」


 そう言って、ふいっと顔を背ける。

 天音は天音で、訳が分からなそうな顔で、首をかしげているた。

 まぁそりゃそうだろ、もう誕生日プレゼントだ、といって先に一つ渡しているんだから、追加で渡されても戸惑うだろう。

 俺は俺で、これを開けて天音がどんな顔をするのかを想像するだけで怖い。



 こちらもまた、丁寧にラッピングを解き、中身を大事そうに取り出し……


「これは、キーケースですか?」

「そうだな、キーケースだな」


 それは、ふと街中で見かけたものだった。

 空から落ちてくる音符をうさぎが見上げている、という絵が刻印されたシンプルなデザインで、それを見たときにふと天音の顔が浮かび、どうしてもプレゼントしたくなったのだ。


「わぁ、可愛い……ふふ、うさぎさんだ」

「ま、そんな高いもんでもないから、気にしないで使ってくれ」

「えへへ……嬉しいなぁ……ありがとうございます……って、あれ? 中に何か……」


 う、気付かれてしまったか。

 出来れば、家に帰るまで気付かないで欲しかったんだが……。

 そう、このキーケースには、先に一つ、あるものをつけて天音に渡していた。

 これが今回、一番緊張した理由でもある。


「あ、あのあの……先輩、この鍵……」

「あー、うん、それうちの合鍵。 ほら、俺がバイトで夜遅いときとか、時間が合わないときとか、いつも待たせてるだろ? ずっと悪いなって思ってたんだよ。だから、合鍵渡しておけば、そういう無駄な時間がなくなるかなって、そういう理由だから」


 ここまで一息で、早口でまくし立てる。

 うわ、この人焦ると早口になるの、気持ち悪いな……とか思われてたらどうしよう。


「いいんですか?」

「まぁ……もう2ヶ月近くお前を見てるけど、特に悪いこともしないし」

「くふふー……朝とか早起きして、朝ごはん作りにきちゃいますよ?」

「朝食っていくことなんてほとんどないから助かるなぁ……」

「先輩のシャツとか下着とか、勝手に持って帰っちゃうかもしれませんよ?」

「え? それはさすがにドン引きするからやめてくれる?」


 くすくすと笑う天音を、憮然とした表情で見つめる。

 こいつは時々、よく分からないことを言うが、多分悪い奴ではない。

 今でも何を考えて俺と一緒にいるのかは分からないが、そんなに酷いことはしないだろう、という一定の信頼感を、この2ヶ月で抱いていた。


「なんだか最近の先輩、最初の頃にあった警戒心が薄れて来てますよ?」

「……俺にも自覚はある」

「もう! そういうところ、私以外の女の子には見せないでくださいね!」

「俺の周りに来る女の子なんて、お前くらいだよ」


 実際、俺の周りにいるのは音琴と宮藤さんくらいしかいない。

 天音以外に見せることなんて、まずないよ……。


「くふふー! でもこの分だと、先輩が私を好きになってくれるのも、そう遠くないですね♡」

「天音様のご期待に添えず誠に残念ではございますが、お断り申しあげます」

「もー! なんでですかー!!」



 いつも通りの反応の天音に、思わず笑ってしまった。


 嬉しそうに俺からのプレゼントをそっと撫でる天音を見つめながら、こいつと二人のこんな時間は、悪くないなと、そう、思った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます