後輩は俺以外が塩対応


「せんぱーい、お昼一緒に食べましょうよぉー」


 昼休み。

そそくさとどこかに逃げようと準備を始めた教室に、あの声が響き渡った。

姿を見ずとももうすでにお分かりかと思う。

そう、天音二菜である。

上級生のクラスに来て、大声で人を呼ぶなんて目立ちすぎだろあいつ……。


案の定、あいつはクラスの注目を一身に集めていた。

そして最近、あいつとセットで注目を浴びているのを、俺も理解しているわけで。

やだ……私、絶対に関わりたくないわ……。


そう思い、気配を消し天音が引き下がるのを待とう、なぁにすぐに諦めるさと思っていると、そんな天音に興味を持ったのか、一人の男子生徒が近づいていった。


「やぁ、君、1年の有名な子でしょ? 先輩……って事は、もしかして俺に会いに来てくれたのかな?」


おお、あれは五百里がいなければ2年で1番のイケメンだといわれていた……ええとなんだっけ?

……わからん、イケメンくん! サッカー部のイケメンくんじゃないか!

もしかして、初対面の天音を早速連れて行こうとしているのか!?

これが五百里がいなければ1番のイケメンの行動力か……!

などと感心していると……。


「……はぁ? どちら様ですか……?」

「あれ? もしかして俺のこと知らない? ははっ、じゃあまずは自己紹介から……」

「申し訳ありませんが、貴方に全く興味がありませんので、結構です」

「…………」


うわぁ、恐ろしいほどにばっさりである。

つーかブリザード吹いてんぞ、お前そんな顔できたのかよ!

いっつもニコニコ笑ってるから、そんな顔するなんて思ってもいなかったぞ天音……。


「は、はは、まぁ初対面だし、警戒しちゃったかな? でも大丈夫――」

「はぁ……話しかけないでもらえますか? 鬱陶しいので」

「鬱陶しい……」

「そもそも、話したこともない女性に馴れ馴れしくする人なんて、全く信用できません」

「……………………」


おいおいおい、死んだわあいつ。

イケメンくんがすごすごと退散していく。

というか今の一言、自分に帰ってきてないか天音よ?


まぁいい、今のうちに教室を脱出して、姿をくらましてしまおう。

なんなら職員室側の男子トイレに逃げ込んでしまえば……。


「藤代一雪先輩ー、お昼一緒に食べましょうよぉ~!」


なかなか出てこない俺にシビレを切らしたのか、ついにフルネーム呼びである。

やめて、クラスメイトからの視線がめちゃくちゃ痛いから、本当に勘弁してくれ……!!


「あの……藤代くん……呼ばれてるよ……? 行かなくていいの……?」

「宮藤さん……俺の事は見なかったことにして、見逃してくれないだろうか」

「え、う、うん……それは別にいいんだけど……」


おお……宮藤さんはさすが話がわかる。

俺の隣の席に座って早数日の仲は伊達じゃないぜ。

宮藤さんはお名前も可愛いんだぜ。宮藤 三月みやふじ みつきさんって言うんだ。

もう明らかに可愛い。好きです。


「でも、もう遅いと思うなあ……」

「えっ」

「――――先輩、みぃつけたぁ……」

「ひっ……!」


ちょっと待って、何その笑顔! さっきのブリザード吹き荒れる無表情とはまた違った意味で怖いんだけど!?

益々、俺の立場が悪くなっていくのを感じる。

もう春だっていうのに背筋が凍るように寒いよ……!


「もう! 呼んでるのに出てこないなんて、酷くないですか!?」

「お前に関わると、俺の平穏な生活がどんどん崩れていくんだ……わかってくれ……」

「もー、なんででですかー! そんな事言って……この週末、『先輩のおうちデート♡』であんなに優しくしてくれたのに……♡」


 ――――その瞬間、クラスの空気が止まったのが分かった。

おいおいおい、ガチでアイツ死ねばいいのにって目線が飛んできてるわ。


「お、おい藤代……お前とその子は一体どういう関係なんだ……」

「はぁ? 貴方には関係ないでしょう、あっち行って下さい」


イケメンくん、またもや撃沈である。

宮藤さんにいたっては、顔を真っ赤にして口をぱくぱくさせている。

何だこの人、本当に可愛いな!?


って、ダメだ、これ以上ここにいたら、さらにあることないこと言い触らされる!

もしや、そのためにわざわざ俺のクラスまでやってきたのか?

くそっ、もしかしてこいつ、俺をからかって楽しんでいるんだな?

ちょっと可愛いからって調子に乗りやがって……っ!


「これ以上騒がれちゃかなわん、さっさと行くぞ天音」

「あっ、待ってくださいよぉ先輩~!」


そう言いながら、天音の腕を無理矢理取って、強引に教室から出て行く。

くそ、これもまた後で色々言われるやつなんだろうな……!

ああもう、昼が終わった後の事を考えるだけで頭が痛くなる。


「え、えへへ……先輩が強引に私を連れ出して……くふふ……」


ダメだこいつ、早く何とかしないと。


「おい天音、メシ食いに行くんだろ? とりあえず学食行くか?」

「はっ! そ、そうでした! お昼持って来たんで今日も一緒に食べましょう!」

「今日も作ってきたのか……」

「はい、もちろんです!!」


そういって、先週と同じ弁当箱を掲げて見せてくる。

ほんと、なんていうかこいつは……。


「こう毎日続くようじゃ、さすがに申し訳ないな」

「一人分も二人分も、作る手間は変わりませんから、気にしなくてもいいですよ?」

「お前は気にしなくても、俺が気にするんだっつーの」

「うーん、そう思うなら……そうですね、材料費折半くらいしてくれますか?」

「そんなんでいいのか?」

「はい、これで先輩はお弁当が食べれる、私は愛しの先輩に料理ができる、win-winです!」

「ばかっ、こんなところで愛しのとか言うなっ」


昼休憩で他の生徒が歩いてる廊下で、しかも大声でなんつーことを……!

そのせいでまた、注目を集めてしまう。


「くふふっ、先輩好きです、お付き合いしてらひゃい~~~~っ!」

「だからしないっつーの」


天音のほっぺたを左右から挟みこみ、それ以上話せないようにしてやる。


「にゃ、にゃんれれふか~~!(な、なんでですか~~!)」

「もう変な事を口走らないなら、離してやる」

「ひいまひぇん、ひいまひぇんから~~!(言いません、言いませんから~~!)」


ぺちぺち、と涙目になりながら、俺の腕を叩いてやめてくれと訴えてくる。

ちょっと可愛いなこいつ……もうちょっと悪戯してやりたいな……。

と思っているところに、周りからの視線が突き刺さっていることに気がついた。


「………………」

「……先輩、私たち、ラブラブなカップルみたいですね……♡」

「……メシ、行くか天音……」

「はいっ!」


帰ってきてくれ俺の平穏な日々……!!



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます