ミニカー

 そろそろ、武士を車に慣れさせたいと思う。


 何故、そんな発想をするに至ったのか。

 それは、会社でとある主任からトミカのミニカーをもらったことに端を発する。


「息子の為に買ったけど、被っちゃった。奥さんにバレたら怒られるからあげる」


 くれるものはもらう主義である。

 物々交換というなら、こちらも武士を差し出せたのだが。


 ともあれ、ミニカーである。私は、家に帰るなり早速武士に与えてみた。


「おお!」


 やはり、食いついた。

 小さくてかわいいものが好きなヤツなのである。


 武士は赤い乗用車を手のひらに乗せ、ひっくり返したりするなどしてじっくりと観察していた。


「……動くのか?」


 動かないです。


 武士は残念そうな顔をしながらも、やはりミニカーはお気に召したようだ。


「しかしなんという職人芸であることよ。見ろ、大家殿。こんな中にまで細工が行き届いているぞ。ここまで車を再現できる者は、日本広しといえそう多くはないだろう」


 ……ああー。


 えーとね、あのね、武士。


 それね、まとめてラインで製造するんだよ。


「らいん……?」


 そう、ライン。


 型とかあらかじめ作っといて、まとめてたくさん作るの。


「……?」


 あ、分かってねぇな、これ。


「……つまり、らいんと呼ばれる職人がたくさんいて、彼らに作り方を覚えさせ急いで作らせているということか……?」


 どんなブラック企業だよ。


 トミカは工場見学などもしているのだろうか。

 百聞は一見にしかずとも言うし、連れて行ってやるのもいいかもしれない。


 そしてあれこれやり取りしている間に、私は『武士を車に慣れさせる』という目的をすっかり忘れており、武士は今日も動く箱にビビり続けるのであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます