美少女レスキュー☆ビューティーファイブ Reboot!

作者 暗黒星雲

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第4話 相容れない思想へのコメント

    シュランメルト
    「愚物(ぐぶつ)どもが……。ビューティーファイブの要請無くば、核もろとも皆殺しにしていたところだ」
    ※『核もろとも~』というのは起爆させるという意味ではない。
     なお本当に実行した場合、100%の成功を収める。
     何故なら“主人公補正”を堂々と行使できる出自だから

    作者からの返信

    「主人公補正か。それは便利だな」
    「私達にも適用されるんじゃないの?」
    「それは黒子が酒に弱かったりとか?」
    「ララちゃん。それは違うと思う」
    「ところであの小柄なアンドロイドはマナちゃんじゃないのか?」
    「よく気が付いたね。涙流してる女の子は雛子ちゃんだよ」
    「こんなところに居合わせるなんて運が悪かったな」
    「そうみたい。マナちゃんの定期メンテナンスに行く途中だって」
    「まさか?」
    「そうだよ。多分マナちゃんが居合わせていることが主人公補正なんだよ」
    「マナちゃんも変形して強くなるのか?」
    「それは違うと思う……」
    「だろうな」

    2019年10月13日 15:18

  • 第3話 核装備のハイジャッカーへのコメント

    シュランメルト
    「斬るか、WFAとやらを?(カルトは嫌い)」

    作者からの返信

    「核兵器(本物)があるので乱入は控えてください」
    「そうだぞ。ああいうのを持ち込まれるとぶん殴って済ませるわけにはいかないから困るんだ」
    「でさあ。これ、どうするの?」
    「難儀な状況だな」
    「ワープ光線でエリア外へ放り投げる」
    「そんなものは開発されていないだろう」
    「じゃあ機動攻撃軍が突入するのかな?」
    「警察の仕事だ。通常はSWATが対応するんだが、核兵器が絡んでいるなら機動攻撃軍の出番かもしれない」
    「トリプルDとかパワードスーツとか出るのかな?」
    「ところで黒子。お前さんはショーグンで出動予定じゃないのか?」
    「え?そうなのララちゃん」
    「馬鹿作者の予定ではそうなっている」
    「え??高機動型のショーグンさんですか」
    「そうだ。パワー型のニンジャは知子らしいぞ」
    「ララちゃんがメンテナンス中だからね。知子ちゃんが乗るんだ」
    「ああ」
    「それはそうと、軍や警察の仕事なのにどうして私達が出動するの?」
    「さあ?」
    「さあってww」
    「馬鹿作者に聞け」
    「ぷぷぷ」

    2019年10月13日 10:36

  • 第1話 プロローグへのコメント

    どうも斑雪です。

    読むのが少し遅くなってしまい申し訳ないです!!

    自主企画へ参加して頂きありがとうございます!

    お話読ませて頂きましたが、リアルですねぇー!!
    アイドルの妊娠、なんともリアルな世間の反応の描写に光速を超えるというフィクションをぶち込んでくる·····。素晴らしい!

    私もこの様な素晴らしいお話書けるように頑張ります笑

    作者からの返信

    斑雪さま

    コメントありがとうございます。
    ノリと勢いなのです。
    深く考えていません。

    設定的に不都合があれば新技術や謎機能でもっともらしく誤魔化すのが常套手段なのです。
    自分の作品は世界一面白いのだと思って書き続けることが大事だと思っています。
    お互い頑張りましょう。

    2019年10月9日 05:35

  • 第3話 アリストテレス中央病院にてへのコメント

    この章は何だかNo Man's Skyというゲームやってた時を思い出すなぁ。オカルティックな事象と科学の関連が興味深い感じ。

    作者からの返信

    No Man's Skyを知らなかったのでググってみました。
    とりあえず、スターウォーズみたいな感じですかね。

    「十分に発達した科学技術は、魔法と見分けがつかない。」というのがあります。SF作家の大御所、アーサー・C・クラークの言葉らしいです。
    自分は魔法のところにオカルトを入れても成立するんじゃないかと勝手に思ってます。
    そんなこんなで、私の作品はそういうの多いです。
    はい。

    2019年9月28日 15:04

  • 第1話 新メンバー加入へのコメント

     最後の「つまらない男同士(以下略)」という謎の一文が。

    (追記)

     修正していただいたようですね。

    シュランメルト
    「うむ、何よりだ」

    (さらに追記)

    シュランメルト
    「お前が構わないのであればそれでいい、ララ。
     ただ、あまり己の技量を侮らないでもらおうか」

    作者からの返信

    ララ:いつもすまんな
    黒子:ありがとうね。
    ララ:ところでシュランメルト。貴様、私と手合わせをしないか?
    黒子:ララちゃんだめだよ。喧嘩ふっかけちゃ。
    ララ:喧嘩ではない。どうだ?
    黒子:もちろん素手じゃなくてロボットで戦うんだよね。
    ララ:いや、素手で。
    黒子:え? 鋼鉄人形vs魔導騎士だとすごく面白いって思うんだけど。
    ララ:素手で。
    黒子:えーっと。鋼鉄人形を壊すのが心配なんだね。
    ララ:……。

    2019年9月26日 05:07

  • 第5話 草生える新隊長の御披露会見へのコメント

    田中隊長の女装はバレないくらい技術が発展しているのかな?

    作者からの返信

    舞台は25世紀を想定しております。
    女装の技術も完璧。
    田中隊長は、見た目は美女に仕上がっております。
    しかし、宇宙飛行士として鍛え上げられた肉体は隠しようがなく、視聴者に物凄い違和感を与えてしまった。
    という設定です。

    もちろん隊長のモデルは実在しており、彼の反応が楽しくて仕方がないのも事実です。

    腹黒いですかね?

    2019年9月14日 02:56

  • 第1話 カロン観測所へのコメント

    アイドル被りだけでもびっくりなんですが、自分の他の作品で妊娠がテーマのもあってさらにびっくり。といっても話の内容は全然違うのですが。
    いきなりサスペンスになってワクワクしますね。

    作者からの返信

    めがねびより様

    コメントありがとうございます。
    この作品はサンダーバードとゴレンジャーとキャプテンフューチャーをごちゃまぜにしつつ、カクヨム作家を出演させて無理やりでっち上げたアイドルユニットを活躍させるという暴挙に出た作品です。
    作者の私も正直良く分かりませんが、書いていてすごく楽しいのです。

    アイドルの妊娠は当然スキャンダルなのですが、その当事者はどうなのかな? 祝福ではなく嫉妬されるのではないか? という観点から書いています。当然、祝福する人も多いと思うのですがその辺は省略してます。

    2019年9月14日 02:45 編集済

  • すべてのエピソード 10
  • 第1話 プロローグ 2
  • 第2話 鬼の副長 1
  • 第3話 ビューティーファイブ出動 1
  • 第1話 カロン観測所 1
  • 第2話 スーパーコメット発進します!
  • 第3話 救助成功?
  • 第4話 バケツプリンと感染源
  • 第5話 草生える新隊長の御披露会見 1
  • 第1話 アステロイドベルトの不穏な領域
  • 第2話 トリニティの庭
  • 第3話 再び発進☆ビューティーファイブ!
  • 第4話 チェスゲームは等身大で
  • 第5話 突入☆ケレス特異点
  • 第6話 歓迎の宴は始まるの?
  • 第7話 酔っ払いと天才チェス少女
  • 第8話 星屑ポッドレーサーズ
  • 第9話 決着☆そして乱入
  • 第10話 トリニティの庭よ。さようなら
  • 第1話 駄洒落倶楽部
  • 第2話 太陽へ向かって飛べ!
  • 第3話 生還☆成功☆ビューティーファイブは健在です!
  • 第1話 新メンバー加入 1
  • 第2話 宇宙放射線病
  • 第3話 アリストテレス中央病院にて 1
  • 第4話 氷の下の海へ
  • 第5話 発見と死闘
  • 第6話 涙の帰還
  • 第1話 長期休暇はお見合いもどきのおまけつき
  • 第2話 外燃機関と新型軌道エレベーター
  • 第3話 核装備のハイジャッカー 1
  • 第4話 相容れない思想 1
  • 第5話 緋色と雛子
  • 第6話 飛鳥奪還作戦
  • 第7話 失ったものは……。
  • 第8話 騒乱の後で
  • 第1話 理不尽な暴力には反対の立場です。
  • 第2話 他の娘にトキメクのは浮気ですか?
  • 第1話 視覚支援アンドロイド
  • 第2話 地球のペンフレンド
  • 第3話 嫌われっ娘はクラスに憚る
  • 第4話 緊急脱出艇
  • 第5話 意外な告白
  • 第6話 レスキュー到着
  • 第7話 貴方が私の光になる
  • 第1話 淡い想い出
  • 第2話 真の目的は
  • 第3話 初恋は永遠に儚く
  • 第1話 痛恨の休暇取り消し
  • 第2話 ハドロン改発進
  • 第3話 核融合ブースト
  • 第4話 スイングバイ
  • 第5話 ゼウスの雷
  • 第6話 恋人達のクリスマス
  • 地球からのプレゼント