平安京キュリオシティ ~末摘花はブスじゃないっ

作者 杉浦ヒナタ

44

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

生前は美人ゆえにストーカ被害に遭っていた主人公・みさき。
不幸な事故に遭ってしまった彼女が目覚めると……。そこは平安時代!?
しかも、貴族の娘とは名ばかりの貧乏暮らしに、召使いは個性的な三人のおばあさん。
さらには、前世では美人と言われていた美貌は、平安時代の美的感覚では「ブス」に他ならなくて……。

読んでいると、くすっと笑わずにはいられません!
が、作者様の豊かな知識が下敷きになっているので、平安時代という世界観も存分に楽しめます(*´▽`*)

興味を持たれた方はぜひお読みくださいませ~(*´▽`*)

★★★ Excellent!!!

 この『平安キュリオシティ』の主人公が、日本が世界に誇る名著『源氏物語』の末摘花に転生した現代の女性だとか、彼女に仕える3人の老婆のモデルがシェークスピアの『マクベス』にあるとか、学校の教科書に載っていた平安文化を彩る人物の名前がたくさん出て来るとか…。それから、ストーリーそのものが『源氏物語』と紫式部を、お見事!と叫びたくなるほどにパロデイっているとか…。

 しかしながら、この『平安キュリオシティ』を読みながら、眉間に皺を寄せて、そんなことを事細かく分析する必要はない。

 作者・杉浦ヒナタさんの人並み外れた読書量と知識の世界に、読者は素直に溺れてしまえばいいと思う。そして、彼の人並み外れた読書量から得た知識が淫靡な<妄想>に昇華した世界を、ある時はくすりと笑いながら、またある時は腹を抱えて笑いながら、楽しめばいいと思う。

 そして、読了後に、「読書と知識(妄想)ほど人生を豊かにするものはない」と思いいたる読者が、『カクヨム』で一人でも多く増えればいいなと、杉浦ヒナタさんの熱烈なファンの私は思います。


★★★ Excellent!!!

美人なヒロインはその容姿うえストーカー狙われます。
そして、殺され、『光る源氏の君』のいる平安京時代に異世界転生。

現代と平安京時代のギャップが面白いです。現代の価値観は昔の時代にはマッチしないです。
現世で美人でも、昔の時代ではブスです。

時代背景よく調べられていて、世界観いいです。

爆笑ポイントけっこうあります。

意外な展開もあります。

エロ展開も面白いです。

変態な登場人物たちなど面白いキャラいっぱいいます。ヒロインの性格も面白いです。

ラスト、いい終わりかたです。想定してない終わりかたでした。

★★★ Excellent!!!

平安時代の源氏物語の世界に転生しちゃった主人公。
前世(現代の日本)では美人でした。同じ顔なのに平安時代ではひどい顔と言われます。
没落貴族なので、みすぼらしい家にクセのある婆さん三人と住んでます。
平安時代の貴族のたしなみ・和歌や琴にもチャレンジします。

源氏物語の末摘花(すえつむはな)はブスで貧乏で和歌も下手なのですが、実は異世界転生者だったという発想がおもしろいと思いました。

藤原道長や安倍晴明、三人の婆さんも良いキャラしてます。
光源氏が夜這いにやって来るエッチなコメディです。