おっぱい

竜田川高架線

おっぱい

 おっぱい 


 素晴らしきおっぱい


 ほんと、おっぱいがまじでおっぱい


 なんでおっぱいっておっぱいなんでしょうね


 すべての生命はおっぱいに還元される。


 円環の理に導かれ、そして人類はおっぱいに補完される。


 おっぱいに、真実がある。


 おっぱいは時間と空間を超克し、やがて世界を満たす。


 そう、世界はおっぱいなのだ。


 かつて、宇宙が対称性を持っていたころ、そのときおっぱいはおっぱいだった。


 やがて世界の対称性が自然的に破れた時、空間にはおっぱいが満たされた。


 これが、おっぱいの始まりだ。


 おっぱいは膨らみ続ける。


 熱力学第二法則。


 エネルギーの変換は不可逆である。


 エントロピを増大させ続けた世界は、やがて熱的に死を迎えるだろう。


 だが、おっぱいは死なない。

 

 おっぱいこそが、命そのものだから。


 おっぱいは、やがて新たなるおっぱいを作る源となる。


 すべてはおっぱいに還元され、そしておっぱいはすべてを補完する。


 おっぱいに、摂理がある。


 おっぱい


 おっぱい


 おっぱい

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

おっぱい 竜田川高架線 @koukasen

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ