恋の神様は完璧じゃない

作者 PURIN

36

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

相性の良い恋人同士を引き合わせるご利益をもった恋神様。
その神様をもってしてもカップル成立がなぜか上手くいかないクチナシ。
なぜそうなってしまうのか。最後までクチナシの心情や事情を詳しく説明しない所が素晴らしいと思いました。

あくまで神様がクチナシの人生を見て何かを感じただけ。
その視点はまた読者も同じなのです。
神様と同じ感想でも良いし、そんなバカなと憤るのも良いでしょう。
読者の心に訴えるのが小説の醍醐味であるなら、これは成功と言えるのではないでしょうか?

価値観を試してみたい貴方へ、おススメです!

★★★ Excellent!!!

現在の厳しい競争環境では
生き残れませんね。
経営学を学んでもらわないといけません。
ニーズをとらえ商品開発し、
高品質の製品を安く作り、
簡単に手に入れられ、
アフターサービス充実。
これが普通の企業です。
なんの話をしているのだか。
そう、小説に出てくる神様は
顧客のニーズに合わない
既存商品を買ってもらおうとして
失敗したのです。
そういう小説ではありません。