雪融けの季節

平中なごん

雪融けの季節(一話完結)

「また、雪が降る頃になったら帰って来るよ……」


 三月も後半、この寒冷な地方にも雪融けの季節がやって来た頃、彼は最後にそう告げて、留学先の遠い北の国へと帰って行った――。


 わたしが彼と出会ったのは、地元で毎年行われている雪像フェスティバルの会場だった。


 札幌の雪まつりなどとは比べものにならないくらい小規模なものであるが、まあ、似たような感じのお祭りである。


 それでも、一応、プロやセミプロのアーティストの人達が作っているので、サイズは大人の等身大がせいぜい雪像のレベルはそれなりに高い。


 会場の公園にはそんな雪像が大小三十余りそこここに立ち並び、親子連れやカップル、学生のグループなどがわいわい騒ぎながら、思った以上に盛り上がりを見せていた。


 その喧騒に紛れ込み、先頃、グランドスラムを制して世界ランキング一位になった某女性テニスプレーヤーや、成果はともかくも歴史的会談を果たした某国家元首二人が握手する姿など、何かと話題性のあるモデルを模った雪像をぼんやりと眺めながら進んでゆく……。


 少し灰色がかった雪の塊をやや角ばった線で刻み込んだそれは、モデルとなっている本人に似ているようでもあり、でもよくよく見てみれば似ていないようである。


 白い雪で作られたそれは刻まれた陰影だけの表現なので、正直、似ているかどうかの判断は難しいところだ。


 だが、雪像の出来が良かろうが悪かろうが、わたしにとってはどうでもいいことだ。


わたしの瞳に雪像は確かに映っていたが、それらの無機質な雪の塊に対して、わたしはなんら感慨も抱いてはいなかった。


 なぜなら、昨日、わたしは失恋をしていたからだ……。


 わたしをフったカレ……いや元カレは、同じ学校に通う金持ちのボンボンのバンドマンで、暑苦しいくらいにわたしへの愛を表現し、女の子の気持ちもよくわかっていて、いつもわたしを楽しませてくれる人だった。


 ……でも、それは裏を返せば女慣れしているということでもあり、無類の女好きでかなりの浮気性でもあったのだ。


 今さらながらにも、それに気づく時は突然に訪れた。


運命の悪戯にも、昨日、彼がその浮気相手とデートしているところに偶然、出くわしてしまったのだ。


だが、わたしが問い詰めると最初の内こそいろいろ言い訳をしてはいたものの、最後には開き直って潔いくらいにあっさりと浮気を認め、「嫌ならもうおまえとはつきあえない」と、むしろわたしの方がブラれてしまった……。


 結局、私は彼の遊び相手の一人に過ぎなかったのである。


 もちろん昨夜は一晩中、友達からのメールや電話も一切無視して、わたしは独り部屋でずっと泣いて過ごした。


 思いっきり泣くだけ泣いて疲れ果てるといつの間にやら寝落落ちしており、次に目を開けた時にはすっかり日も登っていた。


 今日が日曜日で学校がなかったのが幸いである。


それでも、部屋に引きこもっていても気が沈むだけなので、ようやく外に出てみようかという心持ちになったわたしは、買い物に出た帰りに近所の公園でやっていたこのフェスティバルを見かけ、気分転換にでもなればと覗いてみたのだった。


 ……しかし、気分を変えようと雪像を眺めてみても、心に浮かぶのはカレ……元カレとの楽しいデートの思い出や些細な理由でケンカをしたこと、幾度となくリピートされる、フラれたあの日の衝撃的な光景など、とにかくカレにまつわることばかりである。


 どんなに気を紛らわそうとしても、所詮、本心を欺くことなどできないのだ……。


「…あ、あのう……」


 そうして、心ここにあらずという感じで目の前の雪像を眺めていた時のこと、突然、その雪像が声を発したのだった。


「え……?」


 はじめ、わたしは失恋のショックのあまり幻聴でも聞こえたのだろうと思い、驚くというよりもそれを確認するために、改めてまじまじとその雪像を見つめてみた。


 それは誰をモデルにしたものか知らないが、背の高い細身の体にシュっとしたロングコートを纏い、愛嬌のある丸顔に丸眼鏡をかけた青年の立像だ。


「あ、あのう……僕に何か?」


 だが、目を細めてわたしが凝視する前で、その雪像は再び声を発する。


しかも、今度はちゃんと唇が動くのも目撃してしまった。


「え、ええええぇぇ~っ!?」


 さすがに今度はびっくりして、人目も憚らずに大声を上げてしまう。


「うわっ! ど、どうしたんですか? いきなり……」


 すると、雪像の方もわたしの叫び声に驚いた様子で、丸眼鏡の奥の目をいっぱいに見開いて動揺している。


「…………あれ?」


 いや、よくよく見てみれば、それは雪像ではない。


 銀に近いアッシュの髪にスラブ系のように真っ白い肌をしていたのでそう思い込んでしまっていたが、それは白いロングコートを着込んだ生身の青年である。


「に、人間……?」


 どうやら気もそぞろに雪像を見て回っていたわたしは、てっきり彼を雪像だと勘違いして、失礼にもガン見してしまっていたらしい。


「…あ! ご、ごめんなさい! わたし、てっきり雪像だと……って、す、すみません……」


「アハハ……確かに僕、全身真っ白ですからね。その上、青っちろい顔してるし」


 慌てて謝るも重ねて失礼なことを思わず言ってしまうわたしに、彼は色素の薄いハシバミ色の瞳を針のように細め、自虐的な台詞を口に照れ笑いをしてみせる。


 それが、わたしと彼の最初の出会いだった。


 出会い方としては最悪だ。なんとも失礼でガサツな女だと嫌われても仕方がない……。


 でも、彼は怒るでも侮蔑するような視線を向けてくるでもなく、その丸顔に優しげな微笑みを浮かべてわたしを見つめ返している。


 そして、不意に心配そうな顔になると、こう、わたしに尋ねるのだった。


「どうかなさいました?」


「え……?」


 わたしはなんのことだかわからず、キョトンと小首を傾げて尋ね返す。


「いや、なんだかとても悲しそうな顔をしているので……」


 すると、そう答えた彼の言葉に、わたしは初めて、自分が悲しげな表情をずっと浮かべていたことに気づいた。


 そうか、わたしは悲しいんだ……。


 そのことを認識すると、不意に〝悲しい〟という感情がリアルに込み上げてきて、自然と熱いものが頬を伝わって零れ落ちてゆく。


「あああっ! え、えっとなんだ……と、とりあえず、そこら辺のベンチにでも座ってまずは落ち着きましょう!」


 そんなわたしを見た彼はおもしろいくらいに慌てふためき、バタバタと腕を振り回しながら、わたしを近くのベンチへと誘った。


「――そう……でしたか……」


 むしろわたしより、あまりに動揺している彼を落ち着かせるためもあったのだが、なんだか誰かに聞いてもらいたいような気もしてきて、わたしは失恋したことを素直に話して聞かせた。


 そういえば、親しい友達も含めて失恋の話をするのは彼が初めてだ。


 なぜだろう? 初対面のはずなのに、こんな重たい話題でも彼にはとても話しやすいように感じる。


 そう……こう言っちゃ悪いが、例えるならペットの犬や猫、あるいは人形やぬいぐるみに愚痴を聞いてもらうような……この人懐っこそうな丸顔のせいだろうか?


「こういう時、なんて声かければいのかわからないですけど……げ、元気出してください! せっかくのお祭りなのに、そんな悲しい顔をされていたら僕も悲しいです!」


 わたしの話を聞き終わった後、彼はいかにも不器用そうに、だが、ものすごく真剣にわたしを励まそうとする。


 どうしてわたしが悲しいと彼まで悲しくなるのか? 言ってることも支離滅裂だ。


「い、いや、そんなこと言われても、急に元気なんか出ないですよね……すみません、勝手なこと言ってしまって……で、でも、とにかく今このひと時だけでも悲しみを忘れて、あなたにはハッピーになってほしいんです!」


「…クス……ありがとうございます……」


 そのあまりの真剣さを見ていたら、なんだか急におかしくなってきて、申し訳ないが思わずわたしは噴き出してしまった。


 元カレだったらもっとカッコイイこと言って、スマートにわたしを慰めてくれていたことだろう……。


 そんな元カレに比べれば、女性の扱い方やしゃべりのテクニックは月とスッポンであるが、わたしを心配してくれているその思いは、むしろ元カレ以上にぐっと深く心の奥底に伝わってきた。


「ハァ~ぁ……それじゃ、今だけでもお祭りを楽しむとしますか………せっかくだし、一緒に見て廻りませんか?」


 なんだかいつまでもクズ男との恋を引きずっている自分がバカらしくなってきて、わたしは両手を組んで思いっきり背を伸ばすと、とりあえずは〝今〟を楽しむことにした。


「はい! 僕なんかでよかったら、よろこんで」


 なんとなく流れで誘ったわたしの言葉に、彼は再び優しげな微笑みをその丸顔に浮かべて、どこかうれしそうにそう答えた――。


 それから、わたし達は一緒に楽しく、雪像を見てフェスティバルの会場を廻った。


 それまではただ瞳に映っているだけだった雪像オブジェ達が、彼と一緒に見始めるとようやくちゃんと見る・・対象へと変わり、わたし達は他の来場客と同じように、「これはモデルのあの人によく似ている」だの、「これはイマイチな出来だね」などと勝手な批評をしながら笑い合った。


「おい、先生の作品どうすんだよ? なくなったなんて知ったら怒られるだけじゃすまされないぞ!」


「仕方ない。こうなったら、俺達で代わりのやつ作るか……でも、技術的に無理があるな……そうだ! チーフを白いペンキで塗って、なんとかそれで誤魔化そう!」


「ええっ! お、おい、なんで俺なんだよ? ば、バカよせ! じょ、冗談だろ…うわっ! は、離せっ…」


 途中、有名な彫刻家の作品が壊されただか溶けてなくなっただかいうアクシデントがあったらしく、運営側のスタッフがバタバタと右往左往していたが、不謹慎ながらそんな騒動も傍から見ている分にはなんとも滑稽で、わたし達を盛り上げるための良いイベントとなった。


わたし達は思いの外意気投合し、このわずか30分にも満たない時間があまりにも楽しかったので、別れ際にまた一緒に遊ぶ約束をした。


 そして、次に会った時にもまたとても楽しいひと時を過ごせたので、さらにまた会う約束をして、気づけばわたし達はデートを重ねる間柄になっていた。


 つまり、いわゆるなんというか……世間一般的に言えば〝つきあってる〟というような関係であるわけだ……たぶん。


 ま、別に「つきあってほしい」と告白されたわけではないし、わたしからも確認したわけではないので、そう言い切れるかどうかは微妙なんだけど……。


 毎回、デートの待ち合わせをするのは、最初に出会ったあの公園だった。


 すでに雪像はすっかり撤去され、フェスティバルの面影はまったく残ってはいないが、それでも白いものが所々残るその公園は、わたし達にとって記念すべき場所である。


 もちろん、電話番号や某SNSのID交換もしたかったが、それは残念ながらかなわなかった。


 いや、別に嫌だと拒否されたわけではない。ほんとにしたくてもできなかったのだ。


 話を聞くと、彼はノルウェーに留学しており、今は長期休養を利用して日本へ帰ってきているそうなのだが、なんともうっかりさんなことにもスマホを向うに忘れてきてしまったらしく、こっちで買うのも貧乏学生だからお金がないし、実家の家電にかけるというのもハードルが高いし……とにかくそんなこんなで、わたしの番号を伝えるだけの一方通行で妥協したわけだ。


 同じ貧乏学生という理由で、デートの行き先もウインドウショッピングとか、市営の無料で入れる動物園とか、はたまた近隣の景色の良い場所とか、そんなまったくお金のかからない所ばかりだった。


 わたしがお金出すからといっても、男のプライドなのかなんなのか、喫茶店でお茶するのですら「また今度、お金ある時に僕のおごりで…」と、頑なに拒む始末だ。


 ……でも、それでもわたしはよかった。


 彼と一緒に並んで歩き、一緒に同じ景色を見て、一緒に同じ空気を吸い、一緒に笑って、時に不満や毒を吐ければ、それだけでわたしは幸福な気持ちになることができた。


 いつの間にか、わたしは失恋のショックも忘れ、すっかり彼に恋をしてしまっていたらしい……。


 不器用で、愛情表現もヘタクソで、手も氷のように冷たいし、お金もジョークのユーモアもなくて……元カレとはまったく正反対の人だったけど、彼の真心はあのクズ男の十倍も百倍も千倍も…いや万倍も温かかった。


 それは春の日の暖かな陽光のように、失恋で凍てついたわたしの心を徐々に融かしていったのだった。


 でも、彼は遠い北の国の留学生……わたしの心と同じように、この街の景色から冷たい雪が融けて消える頃、同時に別れの季節もやって来た。


 長期休暇が終わり、留学先のノルウェーへ帰らなければいけなくなったのだ。


 すぐとなりの国ならばまだしも、北の果てにあるノルウェーでは、会いたくなったからといってちょっと会いに行くなんてことも難しいであろう。


「――しばらく、お別れだね……」


 最後のデートに選んだのも、やっぱりあの公園だった。


 思い出のベンチに座り、ごくわずかに白いものの残る、もうずいぶんと見慣れた景色を眺めながら、となりに座る彼にぽそりと言った。


「ああ、そうだね……淋しくなるよ……」


 彼もこちらを振り向くことはなく、芝生の上を駆け回る幼児の方へ視線を向けたまま、わたしのつぶやきに小さな声でそう答えた。


 二人とも、本当ならば触れたくはない話題なのだ。


「で、でも、今の時代、ネットあるし、お金かかるけどたまになら国際電話もできるし、ぜんぜん現実の距離なんて関係ないよ! フリーメールのアドレス教えるからさ、向うに行ったらメールしてよ! あと。顔見たくなったらテレビ電話とかもしようよ!」


 わたしは彼との繋がりをなんとか保とうと、今度は彼の方へ顔を向けると、自分に言い聞かせるようにして早口にそう告げる。


「ああ、そうだね……うん。必ずメールするよ……電話も……必ず……」


 すると、彼の方はやはりこっちを見ることなく、先程と同じ調子でぼそぼそと途切れ途切れにそう答える。


「それじゃ、飛行機の時間もあるし、僕、そろそろ行くよ……」


 そして、ベンチからおもむろに腰を上げ、背を向けたままそう切り出すのだったが……。


「あ、あのさ、僕、じつは……」


 不意にこちらを振り返ると真剣な眼差しでわたしの顔を真っすぐに見つめ、何か意を決したかのように改めて口を開いた。


「………………」


 わたしは黙って彼の顔を見つめ返したまま、じっと息を飲んでその後に続く言葉を待つ。


「……あ、や、やっぱりいいや。また今度にしよう」


 だが、これだけ気を持たせておいて、彼は臆病風にでも吹かれたのか、その先の肝心なところを言わずにやめてしまう。


「ええ~! なにそれ~!? ハァ…そこまで言ったんならちゃんと最後まで言ってよ~。気になるじゃん」


 わたしは思わず眉根を寄せて、あからさまに落胆した声でため息交じりに文句を口にする。


 このシチュエーション、どう考えたって愛の告白だろう……しばらくのお別れを告げるこのタイミング、告白するのにはまたとない機会である。


 それなのに……優柔不断といおうかなんといおうか、こういう所が彼はちょっと玉に瑕だ。


「ま、まあ、これが本当に最後のお別れってわけでもないんだし、続きは今度の楽しみってことで……また、雪が降る頃になったら帰って来るよ……」


 しかし、苛立つわたしの気持ちを知ってか知らずか、彼は慌てて言い訳を口にすると、普段と変わらぬ穏やかな微笑みを浮かべてはっきりとそう告げる。


「うん。待ってる……」


 その、いつも癒してくれる笑顔に思わず絆されて、わたしも口元を緩めると、彼のハシバミ色の瞳を見つめながらそう返した――。




「――ハァ……やっぱり、今日が限界だったろうな……」


 彼女と別れ、駅の方へ行くふりをしてから再び公園に帰って来た僕は、もう一度このベンチに座り、独りで空を見上げていた。


 澄み渡る青空からは陽光が降り注ぎ、こうしてずっとひなたにいれば暑いくらいだ。


 視界に映り込む頭上の梅の枝も、蕾が大きく膨らんで今にも花が開きそうである。


 もうすぐそこまで春が来ているのは、誰の目にも明らかだろう。


 このままここ・・に座っているのは僕にとって自殺行為に等しいのだけれど、どの道、寿命は短いし、どうあがいたところで五十歩百歩だ。我が同胞・・達も二、三日の内にはすっかりこの地上から消えてなくなることだろう。


 ならば、思い出深いこのベンチで、僕は潔く最後の時を迎えたいと思う。


「また、彼女に嘘を吐いてしまったな……」


 この世から消滅すること自体は別に怖くもなんともない。


それは生まれた時から宿命づけられていたことであるし、最初から覚悟はできている……いや、本当ならもっと早くに僕はこの世からいなくなっているはずだったのだ。


 それよりも、僕が辛いのは彼女に嘘を吐いてしまったこと……そして、彼女との約束を守れないことだ。


 彼女をこれ以上悲しませないためにあんな嘘を吐いてしまったが、僕はもう彼女に電話することも、メールすることもできない。


 いや、嘘はそればかりではない。


 僕が留学生だということも、ノルウェーに帰るということも、スマホを忘れてきたということも、貧乏だからスマホが買えず、電話番号やIDの交換ができないということも全部嘘なのだ。


 確かに僕は日本のこの街で生まれたが、ここで育ったわけではないし、ここに家もなければ、日本人でもない。


 だけど、僕は最後の最後まで、本当のことを告げることはできなかった……本当のことを知れば、きっと彼女はひどく悲しむ……いいや、それはただの言い訳だな。僕は本当のことを知られ、彼女に嫌われるのが怖かったのである。


 あの日、彼女に見つめられたことからすべては始まった……。


 彼女は僕を他のみんな・・・と同じようにぼんやりと見つめていたが、その顔にはなんだかとても悲しそうな表情を浮かべていた。


 それを見て、いけないこととはわかっていたがどうにも放ってはおけなくて、思わず僕は声をかけてしまったのである。


 まさかそれが、こんな展開を生むだなんて……この僕が、一人前の人間・・・・・・のように恋ができるだなんて、いったい誰が想像できたことだろう。


 すべては、こんな奇跡を起こしてくれた神さまと、僕の創造主である先生に感謝だ。


 僕は当代随一と謳われる先生によって、若かりし先生がノルウェーに留学していた頃の似姿として生み出された。


 その技術があまりに素晴らしかったせいか、神さまは気まぐれに一つの奇跡を起こし、僕のこの仮初の体に魂を宿してくれたらしい。


 そのおかげで僕は彼女と出会い、短い間でも幸せな時間を過ごすことができたのであるが、それは喜ばしい奇跡であるとともに残酷な仕打ちでもあった。


 なぜなら、確実に悲しい別れがすぐ先に待っているのだから……。


 電話もメールもしなかったら、やっぱり彼女は淋しく思うだろうか?


 嫌われたくないと思う反面、彼女の幸せのことを考えれば、むしろ嫌われて、僕のことなんかすっかり忘れてしまえばいいようにも思う。


 やはり、最後まで「好き」と口にしなかったことは正解だった。


 心根の優しい彼女のことだ。もしも僕の思いを伝えていたならば、きっと来年の雪の季節まで、僕を信じて帰りを待っていたに違いない。


 だが、どんなに待とうとも、僕が彼女のもとへ帰ることはもうできないのだ。


 …………それでも。


 それでも、もう一度だけ奇跡が起こるならば、来年また先生の手で似姿が作られ、僕は再びその体に宿って彼女に会いに行きたい。


 もちろん、そんな都合の良いこと、かなわぬ夢であるとは重々理解しているのだが、それでも、そんな神さまの気まぐれが再び起こることに一縷の望み託し、僕はこの短い生涯を閉じることとしよう。


 ……暑い……全身から水滴が流れ落ちるのとともに、だんだんと意識も遠のいてきた……。


 彼女と初めておしゃべりをした思い出のベンチの上、僕は静かに目を瞑ると、彼女との楽しい思い出を心に思い浮かべながら、ゆっくり永遠の眠りへとついた――。




 その日の夕刻、オレンジ色に染められたベンチの上には、陽を浴びて融けた雪の塊が、ヒト一人分くらいの大きな水溜りを作っていた……。


                           (雪融けの季節 了)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

雪融けの季節 平中なごん @HiranakaNagon

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画