第11話

「おはようございます、マスター」

「おはよう、スージー。今日の朝ごはんは?」

「昨日の残りのかぼちゃの煮物と雑穀米の雑炊、けんちん汁、それから俊杰チンチエ様から送られてきた山羊のミルクがございます」


 この家の家事を一手に引き受けてくれている人形ドール、スージーがいつも通りの無機質な声で僕を起こす。


 1年だ。36歳になった僕は、ログウェル山に小さな家を構えて住んでいた。

 家は雨風に強いように石造り。バルコニーからは絶景が見渡せる。

 間取りは書斎と寝室、リビングダイニングキッチン、バスルームの2LDK。


 魔道具であるスージーがどこからか食材を調達して食事はできるし、掃除も完璧。

 僕は本を読み、論文を書き、たまに景色を写生して、昼寝して、とのんびり暮らしている。


 1年前まであまりに賑やかだった分、ホッとするのと同時にたまに寂しくなる。


 魔物が多いと聞いていたログウェル山だけど、僕の家の周りは何も起きないし魔物も来ない。


 魔物で思い出したけど、そういえばル・ルーが1週間いなくなったことがあったっけ。


「先生に危害を加える可能性があるヤツの生態系を滅してきた」とか言ってたけど、どういう意味だったんだろう?


 そんなことを思いながら食事を終える。スージーが勝手に食器を持っていった。


「いいよ、スージー。たまには僕が…」

「いいえ、マスターを働かせてはならないと俊杰様から言われておりますので」


 俊杰…

 そう、このスージーは俊杰からのプレゼントなのだ。

 魔道具の人形はすごく高いのに、1番上等で戦闘力も強いスージーをポンとプレゼントしてくれた。


 …俊杰に無理させちゃったかなあ、と少し気にした。


 その時だ。トントン、という物音が届いた。家のドアがノックされてる、と気づく。


「…マスター、お下がりください。外から何者かの気配がします」

「誰だろ?この小屋を知ってるのは俊杰だけのはずだけど…」

「俊杰様の気配ではありません。これは…マスター、エルフでございます。」


 エルフ?とんがった耳で魔力の強い、森の中に住んでる、あの?


 そう聞くとええ、とスージーが頷く。


「特に害意は感じませんが、万が一のことを考えて、私が出ます」

「いいよ、害意がないんでしょ。僕が出る」

「ですが…」


 何やかんや言っているスージーを置いて、重厚なドアを開ける。

 僕の家の庭にはぐるりと柵が付いていて、僕の趣味で色とりどりの花が植えられている。


 ドアの向こうに立っていたエルフの女の子は、何故か近くの花に手をかざしていた。


「何か御用?」

「エッ、あ、あの…」


 見たところは10歳くらいかな。エルフ特有の緑の髪に緑の瞳をしている。


 プチパニック状態でアワアワしている女の子に、昔のレイアを見ているようでつい笑ってしまう。


「まあ、中に入りなよ。何かあるなら紅茶でも飲みながら聞くから」

「じゃあ、失礼するです…」


 前を歩くその女の子が着ている服があまりにボロボロで、僕はつい眉をひそめながら後を歩いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます