第10話

 レイアとル・ルーがすん、と真顔になる。


「…本気なの?先生」

「俺たち、もし先生が死ぬようなことがあれば…」


「「山ごと潰しちゃうよ?」」


 目が本気だ。怖い、教え子が怖い…!っていうか、この子達こんな僕至上主義だっけ?


「大丈夫、魔道具があるから」

「…」


 静かになるのやめない?現代技術舐めるのやめようよ!

 魔道具って凄いんだからね?と言うと揃ってため息を吐かれた。なんで?


「ル・ルー、私は俊杰チンチエに連絡をとるわ」

「俺はリリーシカだな。くっそ、プランツはなんで王族なんだ…!」


 ご飯をかきこんだらそそくさと退散する2人。…ん?


「2人とも、食べ終わった食器は流しまで持っていきなさい。お茶碗は水につけておかないと硬くなるでしょ!」

「…なんでこういう所は気づくのかなー」


 渋々といった顔で片付けるル・ルーと、しまったという顔で片付けるレイア。

 うんうん、いつかひとり立ちした時にきっと役に立つね。


 …そして、レイアがひとり立ちする時もやってきた。

 シスターとして、15になり、美しい女の子になったレイア。

 背中に天使の羽が見える。僕の教え子が天使すぎてつらい。


「先生、レイア。どう?この服?」

「ル・ルー!」


 冒険者らしい軽やかな服装に、腰に短剣を下げ、革のブーツを履いたル・ルーが現れた。


 元々ハンサムな教え子だったけど、雰囲気も爽やかで、何というか…


「あの猿ガキが成長したなあ…」

「先生、俺のことなんだと思ってんの?」


 いつものやり取り。僕がからかい、ル・ルーが突っ込む。

 それも今日限りだ。2人が出発したら僕も汽車に乗ってログウェル山へ向かう。


 魔道具や家も全て買い揃えたし、「何かあったら言うように」とクドイほど教え子たちに言い聞かされてる。


 リリーシカは長期休みのたびに帰省してきていたけど、今年で学院も卒業だし、ちょうど良かったかも。


 卒業式だけ出たいけど、血縁関係のない僕たちは出席できないしね。


 でも前に帰省してきた時、王立騎士団への入団が決まったと言っていたし、もう僕はやることもないんだろう。


「じゃあ、元気でやりなよ。ル・ルー、レイア」

「先生もね。リリーシカに会ったら声かけておくわ」

「早くプランツに会ってぶっ飛ばしたいなー」

「コラッ!」


 最後の最後まで過激なル・ルーに最後の拳骨をおとし…


 教え子2人はグリンジの里を出ていった。レイアもル・ルーも王都へ向かう馬車に乗るからだ。


 僕は汽車に乗るから、1番近くの駅に向かう。つまりは反対方向。


「先生の幸せをいつまでも願ってるわ」

「なんかされたら俺がぶっ飛ばすぜ!」


 それだけ言って2人の乗った馬車は走り出した。


 その馬車が見えなくなった瞬間、この15年は本当に幸せな時間だったと実感して、涙が出てくる。


 よくレイアが迷子になったこと。リリーシカが近所の男の子と喧嘩して怪我を負わせたこと。

 ウィルさんが病気で亡くなったこと。プランツがむずかったこと。

 俊杰が定期的にグリルを破壊したこと。ル・ルーが猫を飼いたいと言って聞かなかったこと…


 僕は長い間、そこに立ち尽くしていたような気がした。

 達成感と寂しさが、グルグルと脳内を巡回していたのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます