第5話

「…少し、少し時間をください」

「時間?」

「1日です。1日の猶予をください」

「先生!どういうこと、プランツが行っちゃってもいいの⁈」


 涙目で僕を揺さぶるレイアの頭を撫でる。近衛師団の人は「分かりました。1日後に迎えに参ります」と頭を下げて去っていった。


 静かになった玄関で、最初に口を開いたのは俊杰チンチエ


「プランツは、王子様なの?」

「そうだよ」

「僕たちとプランツは、あと1日経ったらバイバイなの?」

「…そうだよ」

「嫌!私は認めない!」


 リリーシカが泣き出す。ル・ルーの肩も震えていた。


「…よし、5人とも。今日は紅葉狩りに行こうか」


 秋も深まった外には、真っ赤な紅葉がひらひらと舞っている。


 何で?と不思議そうにしている5人にとりあえず準備をさせ、僕たちは紅葉した山へ入っていった。


 美しい紅葉を見ているうちに泣くのはおさまったらしい。


 僕は積極的に5人の小さい頃の話をした。特にプランツのことを。

 よくむずかる事、近所の人にとても助けてもらったこと。

 初めて喋った時のこと、僕の服にインク壺をひっくり返したこと、ル・ルーとプランツはよく喧嘩していたこと…


「でも、僕はそんな時いっつも思うんだ。この子たちの親御さんは、子供の成長を見たかったんだろうなって…」

「…」


 それを聞いた5人が黙り込む。僕たちの隣を若い女の子と中年の女性の親子が通り過ぎていった。


「僕はしょせん、5人の“先生”だ。5人のことは本当に大切に思ってる。それは当たり前のことだよ。

 でも、親御さんはまた違った意味で大切に思ってるはずなんだ。

 子供を産むっていうのは母親が命をかけたもので、そんな子供が可愛くないわけないんだよ」


 その日の夜のことだった。

 いつものように女子部屋男子部屋に別れ、今日が最後の夜になるプランツも男子部屋に入った…はずだったんだけれど。


「先生、一緒に寝ていい?」


 枕を持って現れたプランツ。驚きながら、最後くらい我儘を聞いてあげようとベッドの中に招き入れた。


「あのさ、俺、王子様になることにした」

「そうか…」


 正直、心のどこかでずっと一緒にいたいという思いがあった。

 でも、教え子はいつか旅立つ。プランツがそう決めたなら自分の私情を出してはいけない。


「それでいつか王様になるんだ。それで、俺みたいな孤児を減らすんだ…孤児院を、もっと建てて、福祉に…ちからを、いれて…」


 言いながらだんだん瞼がトロンとしてきたプランツに、僕の口角がゆるむ。


「うん。プランツはきっと、いい王様になるよ」

「ふふ…ありがと、せんせ…」


 おやすみなさい、プランツ。先生は、プランツの成長を遠くから願ってるからね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます