かみさまのぶろぐ

作者 浅川多分

18

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

星座の形を意味付けるのも、月が綺麗ですねとほざくのも寂しさのなせる業なのだ。

我々も特に誰の胸にも響かない批評などしてみることがあるが、基本的に自分の保身のためである。

コミュニケーションは一方通行の電波なのだとアインシュタインでなくとも知っている。

今日も顔の見えない誰かが電波を送っている。受け取るかどうかは自分次第だ。

★★★ Excellent!!!

特に中身があるわけでもないのに、ついつい読んでしまうブログやツイッター。
現実でも皆さんそんな対象の1つ2つあるのではないでしょうか。
自分も経験あります。
あまりに毎日見ていると生活の一部に染みこんで、ちょっと途切れると心配になったり、書かれた文字を読み終えないと気持ち悪く感じてしまうという不思議な日課。

このブログがどんな風に進んでいくのか、またこの物語がどんな風に進んでいくのか、主人公がこのブログを最後まで無事読み続けられるか。
今主人公と同じく、続きを心待ちにする自分が出来上がっています。