月白の本~小さな不思議の物語~

作者 つきの

48

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

この物語は、月の不思議な存在感と不思議な温かさに包まれています。

登場人物達が出会う、一冊の本と万年筆。
本には何も書かれていません。
そして、登場人物達が本に記していくものは……


願いと想いを包み込む、月の温かさに想いを馳せながら、物語を読み進めてほしいです。
登場人物達が迎える未来はわかりません。

だけどわかることはひとつ。
本に記された願いと想いは、温もりに包まれながら明日に向かっていく。


優しいひと時に包まれ、温かい読後感が待っている物語です。

★★★ Excellent!!!

テーマ月のお話です。全編、色んな月が出てきます。素敵な世界観です。

白紙の月白の本には、こうかかれてます。
1頁ページだけを、あなたの自由にお使いください。紡つむがれた夢の欠片かけらは差し上げます


この設定のよいところは、書けば夢がそのまま叶うというわけではないところです。

メッセージ性あります。良い話を読めてよかったです。

★★★ Excellent!!!

最初は月白の本とは願いを叶えてくれる本だと
思っていました。

でも、読んでいくと、
願いを叶えてくれるよりも
ある意味すごい力を持った本でした。

ネタバレになってしまうので、
どんな本なのかは
こちらで書くのはやめておきますが
私もこの月白の本に書いてみたいなぁと
読む度に思います。

忙しくて少し疲れている方や
何かに悩み迷っている方。
ひと休みして、
こちらを読んでみてください。

きっと月白の本に書き込みたくなるはずです。

そして、気がついたら肩の力が抜けて
気持ちがほぐれていると思います。