母、帰る

05/17 03:14、異世界2日目。

とっくに夜は明けていた。

昨日の夜明けに06:00に時計合わせをしたから、この世界では1日は24時間未満の可能性が高い。

昨日覚えたことを整理してみる。


舌打ち2回は拒絶、否定。首を横に振るのも同じ。

舌打ち1回は多分だけど同意、肯定。首を縦に振るのも多分同じ。

こっちは簡単な確かめる方法ができたから試してみよう。

なんせこれには気を付けないと、地球でさえ北欧の一部だったかには、肯定は首を横に振る、否定は首を縦に振るという習慣のある地域も存在するのだ。


それと、村人A=「ヌーラワジ(仮)」(仮)にしているのはヌーラワジが村の名前か、家名か個人名かそれとも役職で“農民”とか“(既婚)女性”とかなのか全く絞り切れていないからである。

これももう少し絞ってみよう。


寝床から起きると木箱の上の木の椀に水が注がれていた。

大変ありがたいことである。


踏み出した足はじゃりっとしていた。

寝る前に靴を脱いでいたこともあって、今の今まで気が付かなかったが、土足で他人様の家の中に上がり込んでいたのだ。

申し訳ないことをした。


水を飲み、土間か三和土たたきを探して裸足で家の中をうろつく。

やはりというかじゃりっとするし、ほこりっぽい。


現代日本人である私には正直ちょっときつい。


このまま家にいると健康に良くなさそうなので、靴を履いて玄関先へ。

外に出ると、遠くに見える家々は同じようなみすぼらしさで、現在居候している家が特別に貧乏なわけでもないらしい。

ただ、井戸や川からは遠く、若干の不便さは感じる。


そうこうしていると水くみから帰ってきたと思われるヌーラワジ(仮)とその近くに小さい気配が2つ。


「お帰りー」日本語は通じなかったが、起きていることは伝わったようだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます