あの日、夜中に見たもの

作者 無月弟

73

28人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

作者さんの体験に基づいた話ということでどんな体現をしたのだろう?と気になり、読んでみることに。
自分はホラーが苦手でしたが、読み進めることができました。


自分も林間学校とか行ってましたが、あいにく霊感もなく…
作者さんはあまりビックリされてなかったようですが、自分がこのような体験をしていたら、震え上がっていたと思います…。


怖いものが苦手でも読むことができるお話でした。
とても読みやすかったです。

★★★ Excellent!!!


 これは作者さまが小学生のころ体験した不可思議な事件です。ジャンル・ホラーとなっていますが、そんなに怖くはありません。そして、あっと驚くオチもありません。
 ただ、怪異とはそこに、意味も分からず、正体も知らせず、黙って横たわっているもの。
 作者様は偶然、危険な目に会わなかっただけで、その足元を音もなく通り過ぎた怪異は、ただ単に、腹のすいていなかったホオジロザメのような存在だったのかも知れません。
 あのとき作者さまは、無事でした。が、つぎにこの怪異に遭遇した人が、そうであるとは、限らないのではないでしょうか?
 もしかしたら、あなたは今晩、激しい雨の音で夜中に目が覚めるかも知れない。そして、そのとき……