雨のすべて

作者 水瀬

51

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

しとしとと振り続ける雨と、静かなクラシックをずっと聞かされているような、綺麗な文章です。文字に無駄がありません。まずはそこがすごいですわ。読ませる文章で、2人の日常を描くのですが、悲しみが悲しみすぎないように設定の妙が働いていて、出来事のバランスを調整しつつ、関係性を美しく切り抜いていると感じます。上手いですね。余韻もキツすぎないので、読み返したくなるお話になっていてとても良かったですわ。(๑˃̵ᴗ˂̵)

★★★ Excellent!!!

亡くなった三門ハナという少女のことを、同級生の主人公が思案する物語。
約7000文字の短編ですが、三門ハナという人物を濃密に描いています。
作品を支えるのは魅力的な文章表現。
まずタイトルが素敵ですよね。本編の表現力も素晴らしいです。
多くを語らずとも、少女の人柄や、主人公との関係性なんかがはっきりと伝わってくるのです。
とても読みやすく素敵な短編作品です。