SUNDAY~田崎くんのツッコミ退魔日記~

作者 飛鳥 休暇

すべてのエピソードへの応援コメント

  • Ⅲ.明るく楽しい月曜日へのコメント

    マンデーがここで回収か…!笑

    というわけで、完結おめでとうございました…!
    チョビさんらしい筆致に楽しませてもらいました。この作品、何が良いって、随所に挟まれるお笑いのシーンを通じて、色々な感情が湧き上がるところなんですよね…面白いだけじゃなくて、悲しみを乗り越えた強さだったりだとか。そういうところに胸をつかまれます…。やっぱり、チョビさんはシーンの積み重ねで感情を伝えてくるのが上手だなぁと思う…。

    カツ兄の事故以降、明人の心情により深くフォーカスできた感じがあって、そこもよかったなぁと…あと地味にボッチも好き…。

    今回もほんとに楽しませてもらいました!
    素敵な作品をありがとうございますー!

    作者からの返信

    湊波さん

    最後までお付き合い頂きありがとうございました。

    この作品は、とにかくツッコミでボカンと除霊したら面白いんじゃない?ってアイデアから書き出したんですが、書いてる間に色々寄り道してしまって、とっちらかった感がしております。笑

    でも、登場人物たちは皆一生懸命がんばってくれたみたいなので、これで良かったのかなぁとも。

    ボッチもいい兄貴的な感じで存在感を残してくれたと思います。

    また楽しんでもらえる作品が作れるようにがんばりますねー!

    2019年8月7日 13:10

  • Ⅲ.明るく楽しい月曜日へのコメント

    楽しく読ませていただきました!
    もっともっとみんなの姿を見ていたかった気がする。
    詳しくは今夜、レビューに書かせてもらうね。

    このたびは本当に……ありがとうございました!!

  • Ⅱ.麗奈と執事へのコメント

    それぞれの今後……いいエピローグだね。橘さんが無事でよかったよ!

  • Ⅰ.静香の決意へのコメント

    静香ちゃんよかった! よく宿命を打ち破ったね。読者としてとても嬉しいし、これから進む「静香ちゃんなりの道」がすばらしいものになるよう応援しているよ。

    思ったよりも簡単に壁は砕ける!
    だって、勝手に「砕けない」と思っていただけなんだから。

  • 十八へのコメント

    熱いなぁ。こういう展開が飛鳥休暇さんの武器だと思うんだよね。主人公たちはなにがあっても喜怒哀楽で解決する。またレビューに書かせてもらうけど、たぶんその中では「喜楽」がもっとも強い。でも筆者の中には喜怒哀楽の全てがあるんだよね。全てが相まって達する世界、それが「熱さ」。
    ……あまり詳しく書くとレビューとかぶっちゃうのでやめとこ(笑)
    でもこれは、飛鳥休暇さんの天性の力だね!

  • へのコメント

    静香ちゃんともちろん「同じ」ではないけど、ちょっと似たキャラクターを考えたことがあるよ。私の考えたそのキャラは大切な人のために開眼した。静香ちゃんも暗い過去をぬぐい去ることができるのかな。このエピソードでがぜん静香ちゃんに注目したよ。

    作者からの返信

    静香は自分でも好きなキャラだよー。

    この後の活躍にも注目しててねー。

    2019年7月29日 00:13

  • へのコメント

    なーるほど! これで喜怒哀楽が揃うわけだね! それぞれの感情をぶつけて情魔を退治するなんて面白い。
    じゃあ今度はこの麗奈ちゃんのおっぱいのサイズを……(笑)

  • へのコメント

    カツ兄、本当に死んじゃったんだ……あまりにも突然すぎて、前話は不謹慎ながらも「振り」だと思ってた……。
    共感石がなんの反応も示さなかったっていうことは、カツ兄が死の瞬間「負の情念」を覚えなかったっていうことなのかな。カツ兄ならきっとそうだろうけど……。

    作者からの返信

    悲しいねぇ。

    ぜひ最後まで読んで下さい。

    2019年7月28日 23:37

  • へのコメント

    やるねぇ。
    ええやんええやん、こんなん好きやわ。もっとふっきれてもいいよ!
    てか飛鳥休暇さんも漫才のネタ考えたことあるん?

    作者からの返信

    会社の忘年会で一回やったかな?

    今回は全部一から考えたでー。

    2019年7月28日 23:35

  • 十一へのコメント

    「おれはお笑いを続けるぞ! 空のてっぺんまで笑い声が届くくらい! おもろいことをし続けたる!」
    このボッチのセリフいいなぁ。

    作者からの返信

    みすみんありがとう!

    勝司にも届くといいね。

    2019年7月27日 10:11

  • Ⅲ.明るく楽しい月曜日へのコメント

    お笑い星人なのに読者泣かしてどーすんねん!

    ……ということで、楽しく読了致しました。
    明人君の存在によって、月曜日は暗く憂鬱なものではなく、明るく楽しい希望にあふれたものになったんですね。
    どんなに強力で、どんなに独特な、力の使い手であったとしても、一人で成せることは限られてるからなぁ……と。静香の選択が特に印象的でした。

    お笑いなのに切なかった……!
    これが飛鳥様のカラーなのかな、と思いつつ。
    ありがとうございました(^^

    作者からの返信

    はとりさんありがとうございます!

    静香のエピソード、僕も好きなんですよ。

    弱虫で、泣き虫だった少女が、仲間に出逢い強くなるってなんかいいですよね。

    楽しんでもらえたなら嬉しいです。

    2019年7月26日 12:31

  • へのコメント

    ここから第二章かー!
    面白いね。読みやすいし。あと、キャラクターの背景もしっかりつくられてる。これからどんなお笑い成仏バトルが繰り広げられるのか。楽しみにしてるよ!

    作者からの返信

    一章はほぼ設定説明で終わっちゃった気もするね。

    ここから物語が右へ左へ動き出します。

    2019年7月25日 09:25

  • 十三へのコメント

    十三(じゅうそう)!

    明人くんがサンディーちゃんと二つ目の「協働」だね。彼女に友達が少ない印象を受けるのは、彼女が友達づきあいを拒否しているから? もしくは学校では(へんな子)って思われていたりする?

    作者からの返信

    サンディーはたぶんね、校内での友達は少なくないと思うんだ。

    ただ、放課後は遊びにいくことなく情魔探しをしているせいで、付き合いは悪いと思われてるだろうね。

    だからこそ、明人の存在は彼女にとって大きいんじゃないかな?

    本人の気持ちはわからないけどね。笑

    2019年7月25日 09:24

  • へのコメント

    投資の名を借りたギャンブルですね……。根拠レスなギャンブルはやめた方がいいですよね。悪いなー、証券会社(笑)

  • へのコメント

    ミクちゃんかな?
    ミクちゃんなのかな?

    エクスカリバーーーッッ!!

  • へのコメント

    女の子の堕落していく様をうまく描いているね。キャバクラから風俗へのチェンジも上手。序盤から見せてくるねぇ。

  • へのコメント

    ついに遊びにきました!

    難波の雰囲気ありありのスタート。どんな漫才が繰り広げられていくのか楽しみです。
    関西出身としても!

  • Ⅲ.明るく楽しい月曜日へのコメント

    飛鳥らしい、爽快感のある終わらせ方、よかった!
    今作も楽しませていただきました。

    作者からの返信

    こんな変な作品に、最後までお付き合いありがとうございました。

    2019年7月23日 22:32

  • 十八へのコメント

    カツ兄…そうだったのか。
    これは、反撃開始ですね!

  • 十五へのコメント

    こういう展開か!……まったく予想してなかった。
    続きが気になる。

    作者からの返信

    ねー。

    このあとどうなるんでしょう?

    ちなみに、明日はクライマックス一気出しです。

    乞うご期待。

    2019年7月21日 21:53

  • 十一へのコメント

    ボッチ、泣けてくる……。

  • へのコメント

    設定とエピソードが秀逸だなー
    みんな色々抱えてるのね…。

  • 十二へのコメント

    笑いって、大事なんだなぁって…なんかこう、当たり前といえば当たり前なんですけど、特に今回の話は、それをじわっと感じさせてくれるエピソードだな…と思います。うーん、前作もそうだったんですけど、こういうところ、チョビさん本当に上手だよなぁ…!

    作者からの返信

    湊波さん早速読みに来てくれてありがとう!

    人を笑わせるってねぇ、難しくて面白いんだよ!

    照美のギャグも、少しは上達するかな?

    2019年7月18日 13:00

  • へのコメント

    ツッコミができなくなったのは、勝司の死と関係があるのだろうか…
    にしても、みんなキャラ濃いな笑

    作者からの返信

    キャラを強くしないとライト文芸では分かりにくいからねぇ。

    これでも読み合いしてもらったときに「もっとキャラ付けした方がいい」って講評もらったくらいなんだよ。笑

    まぁ、捉え方は人それぞれだよねぇ。

    明人の不調の原因は明日分かるよー。

    2019年7月17日 22:27

  • へのコメント

    え、まさかの展開……

    作者からの返信

    どうなるんでしょうね?

    2019年7月17日 00:22

  • へのコメント

    一話全部コントの小説初めて読んだ笑

    作者からの返信

    ね。

    僕も初めて見ましたわ。

    2019年7月17日 00:21

  • 十二へのコメント

    笑いの力を爆発で可視化するって発想いいな!

    作者からの返信

    コメントありがとう!

    感情を形にしたときに、笑いは爆発でしょ、ってイメージから作り出したのよ。

    最後まで楽しんでもらえると嬉しいな。

    2019年7月15日 21:00

  • へのコメント

    本場の関西弁ですね!

  • へのコメント

    いいですねいいですねぇ…お笑いからのファンタジーですねぇ…(にやにや

    ネギのくだりになんでやねん、と突っ込みました…そこまでがシリアスだっただけに笑

    お笑いシーンはチョビさんの影が見えてしまう…やはり、チョビさん、トンチ(?)ぽい、クスリと笑わせてくる掛け合いが上手だなぁと思うのです…。

    続きも楽しみにしてますー!