200ポイントで美少女の彼女


『俺の話を聞いてくれる彼女がほしい。どうせならば美少女がいいな』

 

『彼女のポイントは200ポイントですが、よろしいですか?』


館主がメッセージを送ってきた。


『彼女とポイントを交換するよ』


 俺は、迷うことなく、ポイントを彼女に交換した。


 翌日、俺好みの女の子が突然現れた。ロングヘアーの黒髪で、優しそうな美しい少女だった。歳は同じくらいに見えた。

「派遣された、かぐやです」

 家の近くの公園のベンチで話をしてみた。かぐやは一生懸命話を聞いてくれた。彼女の相槌に救われた。

 俺は久しぶりに幸福で満たされた。友達がいない俺に、はじめての友達ができたような気がした。


 俺は身の上話を他人にはじめて語った。


「俺は、母子家庭で育って、裕福じゃないけれど、平凡に暮らしていた。

ガキの頃からいじめられっ子で、勉強も運動もできない。はっきり言ってとりえはない。

奨学金をもらって、地元のぱっとしない高校に進学したけれど、大学に行くほど頭もよくないし、就職活動も散々で、人生を否定された感じかな。

1年ほど前、唯一の身内である母親が死んでさ。わずかな貯金と親の入っていた保険でなんとか生活しているよ。

この先、仕事のあてもないし、奨学金は返せないかもしれない。人生の負け組だよ」


 静かに、彼女は聞いてくれた。優しい声だった。

 とはいっても、俺は誰かと比べられるほど女子と話したことはないけれど……。


「私も身内がいないから、わかります」

 かぐやは答えた。

 俺は彼女の領域に入らないように接していたので、彼女に色々なことを深く聞かないようにしていた。

 しかし、俺は彼女がなぜ彼女という役割をしているのか、どの程度彼女としての行動をしてくれるのか、とても気になっていた。

 でも、それを聞くこともできず、どうでもいい話をして帰る。そんな日が何日か続いた。女性に拒否されないという現実がとても充実していた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます