残夜のアマデウス

作者 森 久都

78

29人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

1900年前後のヨーロッパ風世界を舞台とした世界観で、軍隊での男の交流が好きならお勧め!
もちろん剣と魔法の世界で、その箒に乗った戦いのシーンは秀逸です。
主人公を含めたキャラ達の魅力が、ともすれば暗い感じの世界観とバランスがとれてます。
まだ序盤(1-28時点)、いろいろな謎が深まるばかりで、これからの展開に期待!

★★★ Excellent!!!

父の勧め(強制)で軍に入った主人公ウェスリー。魔法学校を卒業した彼は、とても軍人向けの身体ではなく、周りからもいじられたり馬鹿にされたりします。純粋で真面目な彼の物語は、謎に満ちています。

このお話は、とにかく続きが気になります。何故ウェスリーの父親は軍隊へ入るよう勧めたのか。ウェスリーは軍隊で今後どんな風に成長するのか。登場人物たちの思惑は?と、伏線がたくさんで、色々と想像しながら読むのも楽しいです。
また、情景が頭にすぐ浮かぶ描写で、どんどんストーリーに引き込まれていきます。
言葉のチョイスや台詞の言い回し、登場人物たちの掛け合いが面白く、それがひとつひとつのエピソードを更に味わい深いものにしています。
ファンタジーなのに大味ではなく、どこか「趣」が感じられて非常に面白い作品です。
登場人物一人ひとりの感情描写も、くどくないのにそれでいて丁寧で、皆に感情移入できます。皆それぞれ謎が多そうなのもこれまたいい感じです。
故に、非常に続きが気になります!是非、ワクワクしながら読んでもらいたい作品です。

★★★ Excellent!!!

 父の命令で強制的に軍隊へ。しかも箒で空を飛び魔物を倒すというハードな部隊。勉強が好きなウェスリー君にとっては、まったく畑違いな場所。

 変に階級が高いから、周囲からのやっかみも……。

 だけどウェスリー君は魔物に想いを馳せたり、自分なりの考えを持っている。

 「流されてはいけない!」みたいな教訓もあって、それもそうかもしれないけど、ウェスリー君のように流されても、何かをしっかり持って考えていけばいいのかもしれない。

 軍隊において異質な彼が、静かに巻き起こす風は、やがて大きなものとなるのでしょう!

 舞い上がれ!箒男子!!!

 あと、ツイッターのイラストがすごく、すごく素敵なので、一緒に見ながら読むこと必至です!

★★★ Excellent!!!

主人公は魔法学校卒業後に父親に無理矢理、軍隊に入れさせられた。
魔法に関しては凄腕だか、ひ弱な身体で、決して軍人向きでない主人公。

父親の意図が全くわからず、自分より階級が下の者達からも馬鹿にされながらも何とか仕事をこなす。

そして、その仕事が今まで無縁と思われていた箒兵。
主な仕事はあらゆるモンスター達をと空中戦を行うこと。
そのスピード感溢れる描写は必見!

この話は何よりストーリー展開が凄く良い!
本当に映画を観ているかのようで、必ず他の作家さん達も手本になると思います。

まだまだ、謎は多く見どころ満載です。

是非、ご覧下さい!

★★★ Excellent!!!

面白い作品です。
物語を取り巻く状況設定、世界観が綿密に計算されて丁寧に描かれています。適宜主人公のバックグランドが記載され、作品の重厚さを醸し出しています。戦闘シーンでもみられるようように、表現力も豊かです。

格調も高く、ファンタジーの王道をいく作品だと思います。
お勧めします。

★★★ Excellent!!!

ファンタジー世界にある軍隊で、そこでの日常や戦闘をメインに進むお話です。
けれど主人公ウェスリーは、軍隊とはおよそ縁がなく、父親の要望で半ば強制的に入隊することに……。
女性が羨むほどのサラサラ金髪に、華奢な体格、でも魔法の腕はすごい優秀。
軍隊なのでガサツな輩も多く、繊細な性格のウェスリーは大丈夫なのかと思ってしまうほど。
けれど彼の視点は、魔物を討伐するだけの同僚たちとは違い、冷静な観察眼も備えています。
箒部隊の空を舞う戦闘シーンも迫力がありドキドキします。
ウェスリーを軍隊に入れた、お父様の真意が実に気になる…。

作者様は美麗イラストも描かれており、近況ノートの方より絵の投稿先へ飛べます。
魅力的なキャラクターの数々をビジュアルでも堪能できます。
おすすめです★

★★★ Excellent!!!

舞台は、現実世界でいう19世紀末から20世紀初頭のヨーロッパ。
軍隊に全く興味のない主人公ウェスリーが、入隊し、営内での慣れない生活やモンスターとの戦いに奮闘するストーリー。
世界観がしっかりと設定されていて、軍隊での生活の描写も丁寧。
ウェスリーが今後どう成長していくのか楽しみです。