ど庶民の私、実は転生者でした レアな浄化スキルが開花したので成り上がります 【WEB版】

作者 吉野屋桜子

2,066

774人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

久々に小説にはまりました!

主人公がシンデレラのようにこきつかわれてかわいそうだな…と思って見ていたらどんどん展開が面白くなってきて気付いたら最新話までよんでました(笑)
個人的にはその後の家族の様子が気になるので主人公がいなくなったあとの話がもっとみたいです!!
母親と妹と父親の現在の心情が気になります!!

★★★ Excellent!!!

話の進度は結構早く、さらっとエピソードが紹介される感じで読みやすいです。

最近チート設定にハマって色々読むのですが、この作品も例に漏れずチートな展開で楽しいです!

ちなみに、第四章の第二話でタイタニック号が4.6トンとなっていたのは4.6万トンの間違い??
異世界だから目くじら立てるあれではないのですが少し気になりました。。

Good!

毒親から逃げた主人公が偶然の出会いから貴族社会に巻き込まれ、荒波に揉まれながらも転生経験ゆえの冷静な判断力と血筋由来のスーパーパワーで未来を切り拓く…
とても面白い話になりそうな切り口で、筆が乗っているときの展開はとても引き込まれます。
残念なのは、読者置いてけぼりで設定資料をぶちまけるような展開と時系列のスキップ、進まない話数、増え続ける閑話と番外編。
長編小説ではなく、異世界小噺集です。
本編の補完と今後の展開に期待を込めて。

★★★ Excellent!!!

あらすじで主人公がのし上がってやり返していくのかな…?
と思いつつ読み始めましたが、主人公が運命の人に愛され幸せになっていきどんどん可愛さが増していっている気が…。

元の家族への感情が淡白すぎなのかなとも思うところはありますがまぁされた仕打ちを考えると…うーん

最近は刺激が少ない気がするのですが、このまま幸せな道へと向かっていって欲しいジレンマもあり複雑…