あたしが詩人だったなら

作者 杜甫口(とほこう)