天空騎士の蒼風歌 - エアリアル・アリア -

作者 シカノスケ

29

11人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

冒険とは何か? 人によって意見は異なるでしょうが私はこう考えています。
未知の土地へ赴き、そこの人々と交流すること。
全く新しい文化に触れ、時には降りかかる火の粉を払い、自分を余所者と忌み嫌う者達から信頼を勝ち取る。それこそが冒険の醍醐味ではないでしょうか。

この作品はその部分が上手く表現されています。
地上から天空都市へ留学生としてやってきた少年少女が、天空騎士の養成学校で仲間と交流しながら自分の居場所を掴みとっていく様は正しく冒険。
空中移動用のジエットブーツ、エアリエルを始めとした空中都市独自の文化は良く練られており、あたかも見知らぬ大都会を観光しているような気分にさせてくれることでしょう。

主人公には隠された復讐という目的があり、それを果たせばせっかく育んだ絆すらも裏切ることになってしまうかもしれない……情と使命感の間で揺れ動く「二人の転校生」が選んだ結末とは?

「翼を持った少年」の心を解する冒険愛を持った人におススメです!

★★★ Excellent!!!

天空都市という舞台に訪れた謎に包まれた主人公。その目的は復讐だった。
想像力豊かに表現された天空都市での生活に迫力あるバトル描写、あえて主人公の地上での様子が最低限にしか描かれないことで深まる謎。
主人公の内面の黒さが随所に見えますが、人格者ヒロインの対比がとても面白いところです。
ライトな作風に滲む復讐の苦さ、といった作品が好きな方にはお勧めかな?