鬼祓い外伝 藤倉彩加の純情

作者 鷹野友紀

2

1人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

※作品は絶対評価したいので星の数は適当です。
※最後まで読んだ感想です。

これまで二作をレビューしてきた『鬼祓い』シリーズ。番外編とはいえ、ボリュームとしてはもっとも長い作品になっています。今までどおり、直球の怪奇譚にキャラクターが活き活きと動いていました。

今回はタイトルにある通り、シリーズの主人公一弥の妹彩加が主人公のラブコメ……ラブ……うん、ちょっと殺伐としてますが、ラブコメディです(断言)。

兄を色んな意味で慕う少女が変な石を拾ったところ、運気が爆裂に上がり、調子に乗って暴走。最終的にとっちめられるお話です。

ラブコメです(大声)!

なかなかのヤンデレっぷりを見せつけてくれる下りは面白いし、前回から(最初から)碌な目に合わん一弥くんがまた碌な目に合いません。女難だ。祓ってもらえと思いました。こいつも祓い屋なのに。

そんな女難キャラな一弥ですが、今作の最後に、とんでもなく壮大な夢というか、願望を持っていることが明らかになります。

この兄妹、別々のベクトルでヤバいんじゃないか。むしろお似合いなんじゃないか。

そんなことを思いながら、最後は爽快な読後感でした。