悪文集

作者 石嶺 経

17

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

初めまして、Rinです。
イベントにご参加頂き
ありがとうございます。
久しぶりのレビューで
読ませて、頂きました。

人それぞれ、歩んだ”人生”は
破壊しれないものですよね。
環境が違うだけで、その人の人生が
あることを学んだ気がします。
読んでいて、映像が浮かびやながら
読ませて頂きました。
とても、勉強になりました。
いい作品に出会えて、ありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

他のレビュアー様も触れていらっしゃるように、『悪』とは何かについて、考えさせられるエッセイです。

周りに迷惑はかけるものの、どこか憎めない。
言葉は古いかもしれませんが、それは『ワル』だとか、『悪たれ』だとか、かつて呼ばれていたものではないでしょうか。

確かに悪いことはしている、しかし、吐き気を催すほどの『悪』ではない――
そんな存在であるような気がします。

作者様の文章はとても生々しく、現実世界の不条理について、これでもかと考察しています。
しかし、嫌悪は感じない。
それはわれわれにとって、とても日常的で、しかも差し迫ったテーマだからかもしれません。

世界の随(まにま)にもてあそばれる様を、一歩引いたところから観察して、筆にとる。
そういう意味で本作は、『エッセイ』ではなくあえて、『随筆』と呼びたくなります。

★★ Very Good!!

作者さんは悪ガキでした

それも中途半端な感じがある、ときには法に基づいて正しいことをしようという、人間らしい悪ガキです。夏目漱石先生の「坊っちゃん」のほうが、いっぽん筋が通っているぶん悪ガキらしい悪ガキでしょう

そんな彼がタバコだったり万引きだったり競馬だったりを、自分の価値観に素直な形で文にしたのがこのエッセイです
私はこのエッセイからほんのちょっとだけ作者さんの経験を追体験し、「正義」とか「人間らしさ」の根にあるものについて考えさせられました

…書いてみてなんですが、このレビューはちょっとおおげさかもしれません
私も中途半端ですね!さあこんなレビューより、本作品を御一読どうぞ!