踵で刻むアフター・ビート

作者 秋月創苑

52

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

JKのイジメ事件と、失踪したヤクザの男の捜索。二つの全く別の依頼を追う探偵・黒埜氏とその助手は、捜索を進めるうちに二つの事件が繋がっていることに気付き始め……!?
個性豊かなキャラクターたち、ハラハラする捜索シーン、スピード感溢れるストーリー展開が非常に魅力的です!
個人的には、タイプの違うJKそれぞれが魅力的に描かれているところが見所なのではないかなと思います。
ちょっとマイペースな黒埜氏が窮地を切り抜けていく姿も素敵です!
ミステリーをあまり読まない方でも読みやすい、素敵な作品です。

★★★ Excellent!!!

まずはタイトルがカッコいい。
想像しやすい丁寧な描写と、身近ないじめ問題というキーワード。
読みやすいタッチで書かれた探偵物のストーリー。
あちらこちらと探偵が足を向ける度に、一緒にそこに行って話を聞いているような感覚で楽しめる。
トークは軽い黒埜だが、その背景は深そうだ。

まだシリーズは1つ目。
今後のストーリーも追いかけていきたい。


いやぁ、ピザがうまそうだ。

★★★ Excellent!!!

物語の始まりから、最終話の景色まで・・読んだあなたは、雨が止む日を心待ちにすることでしょう。そのわけは・・この探偵事務所を訪ねてみて下さい!



緻密にじっくりと描かれた街の景色や喧騒、静けさ、銃弾、寂寥、ひとつの事件がきっかけで交差する人間模様。どうか足を止めて、この小説に登場する探偵たちの足音を尾行してみては?きっと、見たことのない世界が目の前に広がるはずです。